次のエントリー | 前のエントリー

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/?overture" target="_new

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/blog-entry-95.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「無農薬でバラ庭を」

静かな雨がしっとりと庭を濡らす週末でした。
雨上がり、庭に出てみると、クリスマスローズがどっと咲き始めていてびっくり。
小さな球根たちもつんつん緑の芽を伸ばして、庭は一気に緑に包まれていきます。

バラの芽が元気に出ているのは嬉しい限り。
また、春がめぐってきました。

さて、築地書館の編集の方から、先週、下の写真を添付したメールをいただきました。

__ISO-2022-JP_B_GyRCJVAlaURtGyhCMTAwMjE5__

築地書館の方が、
都内の書店で、こんな素敵なポップを添えられた「無農薬でバラ庭を」見つけ、
写真に撮ってきてくださったとのことでした。

しかもなんと、平積みですね・・。^^;
ありがたいことです。

また、この2月に発売された雑誌「趣味の園芸」や「花時間」に
書評が掲載されました。
以下、築地書館さんのメルマガからの転載です。

***********************************************************************
◆花時間(2010年3月号)
http://www.hanajikan.jp/
バラを農薬を使わず育てるには、多くの時間と労力が必要だと思っていました
が、「米ぬか」を活用する本書の提案にびっくり!
その方法は米ぬかを栄養源に微生物を発生させ、土に良い働きをする菌を増や
すというもの。うどんこ病にとても効果的とか。米ぬかになじみがないと難し
く感じますが、意外に手間いらず。挑戦してみたくなります。

◆趣味の園芸(2010年3月号)
http://www.nhk-book.co.jp/engei/
とかくバラづくりは病害虫との闘い。けれどもバラの花に集まってくる虫や生
きものの多さを「生命の豊かさ」ととらえたとき、イメージはがらりと変わり
ます。小さな庭で咲かせた1輪をきっかけに、バラのとりこになってしまった
という小竹幸子さんが、やさしく具体的な無農薬ガーデニングを指南します。
「バラの庭は、ビオトープ」という言葉が印象的です。
***********************************************************************

書籍で発表するということは、世に問うということです。
オーガニックローズ仲間と長年試行錯誤を重ねながら進めてきたことを、
今、たくさんのみなさんが共感して受け入れてくださっていることがとても嬉しいです。

おかげ様で、
「無農薬でバラ庭を」は、2月に3刷です。

All Comments

もう3刷!

素晴らしい!印税は申告が必要なのかしらん?

私が喜んでどうするの。

私が農薬を体質上使えないので このHPにたどり着いた時は嬉しかったぁ~。


皆さんに広まって欲しいです!

URL | 2010/02/28(日) 21:22:12 | まこち #- | [ 編集]

yukikoさん、こんばんは。
本、静かにゆっくりと輪を広げていますね。
化学肥料や農薬会社をスポンサーに持つ出版社が
好意的な書評を書いてくれるのは、
すごい事だと思います。

とてもいい流れですね。

URL | 2010/03/01(月) 02:14:34 | kajiny #zwg4Ifl. | [ 編集]

嬉しいお便りが届きましたね。^^*

「3年待って!!」 の言葉に目が・・・。
庭のバラ達が 元気に新芽を出してきて いつもなら 予防の薬剤散布もそろそろどうしようか・・・、と考え始める頃。
でも 今年は これからが、いろいろ考え・悩むんだろうな、、って庭でふと考えます。

URL | 2010/03/03(水) 12:34:51 | マウンチョ!! #- | [ 編集]

私の幸運は、バラ育てを始めようとした時に、yukikoさんのHPにめぐり合ったことです。。
バラはまだ消毒の洗礼を浴びていなく、
土も、殺菌を繰り返したものではありませんでした。
また主人の実家が、米屋さんで、米ぬかが手に入りやすい身近な存在だったことも。。
すんなりと、米ぬかオーガニック栽培を試してこられたことが私の庭のラッキーです。。
3年をとうに過ぎた私の小さなバラ園が、とても充実したものであること、いつも感謝しています。。^^

URL | 2010/03/07(日) 17:05:28 | MISUZU. #HfMzn2gY | [ 編集]

Re: もう3刷!

まこちさん、ありがとうございます!
体質上、農薬を使えない方も、バラを育てられるって本当にうれしいですよね。
微量の農薬でも、いろんな症状が出てしまうのは、
本当にお苦しいでしょうから。
農薬を使わなくてもバラを楽しめるっていうことが
もし常識になったなら、
バラ栽培も、もっともっと広がるのでしょうね。
微力ですが、みなさんのお力になることがほんの少しでもあるならば、
がんばります!

URL | 2010/03/07(日) 22:15:27 | yukiko #- | [ 編集]

Re: タイトルなし

kajinyさん、ありがとうございます!
今日、九州のあの方にお会いしてきました。
kajinyさんにお会いできないこと、とっても残念がってらっしゃいましたよ。
私たちの実践を広くみなさんに知っていただきたいですね。
こんなに素晴らしいオーガニックローズガーデンが全国各地で実現してるのですものね!

URL | 2010/03/07(日) 22:18:22 | yukiko #- | [ 編集]

マウンチョさん、ありがとうございます。
そうですね、本当にオーガニックでできるんだろうかって、すごく最初はどきどきだと思います。
私だって、保護液をやめるとき、そうでしたらから。
今は、米ぬか撒きさえさぼっちゃおうかなんてよからぬことが頭をよぎる始末です。
そのくらい、庭が安定してきてるんですよね。
オーガニックっていうより、手抜き極楽栽培ですね。

URL | 2010/03/07(日) 22:22:24 | yukiko #- | [ 編集]

MISUZUさん、ありがとうございます!
MISUZUさんは、四国でバラ育てをなさってるのですよね。
高温多湿であろう、そちらの地でも、
私のやり方がうまく適合するなんて、すごくうれしいですし、また驚きなんです。
咲き誇るバラたちが、一番の証明ですよね。
インターネットでつながっていくのって、すごいことだと思います。
またいろんなお話にいらっしゃってくださいね。
これからもよろしくです。

URL | 2010/03/07(日) 22:30:21 | yukiko #- | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。