次のエントリー | 前のエントリー

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/?overture" target="_new

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/blog-entry-85.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発酵肥料づくり

IMGP5015.jpg

晩秋の三連休、
この時期にやっておきたいことがいっぱい!
忙しくも充実した三日間でした。

今日は、朝から庭三昧です。

午前中に、セール中のいつもの園芸店で、資材と花苗を入手。
皮手袋やら、鋏の替刃やら、冬の庭仕事に向けてのいろいろもこの際買い込みました。
ビオラやパンジーの苗、開花見込みのクリスマスローズの鉢苗も。

午後は、先週仕込んだ発酵肥料の手入れです。
仕込んで3日目くらいのころが発熱のピークでしたが、
一週間たって、すっかり落ち着きました。
本でもご紹介したとおり、
ダンボールは、極めて順調に発酵が進むので、
もう全体に真っ白くさらさらになっています。
この間、かき混ぜ作業は、1~2度で済みました。
臭いもほとんど気にならない程度です。

温度が下がったので、肥料全体の酸度を調整したいところ。
発酵のはじめはこうじ菌からバトンタッチする納豆菌がよく働くようにアルカリ性がよいのですが、
熟成させるときには、酵母菌が好む酸性にするとよいようなのです。

そこで今日は、スーパーニーム顆粒という資材を投入しました。
販売元によれば、ph5.8とのこと。
ニームですから虫よけ効果が期待でき、
発酵の最終段階で現れるという放線菌が好むというので、
熟成させる段階に入れるのにはぴったりです。

このあとは、2週間~3週間ほどこのままダンボールに入れて
ときどき様子をみながらかき混ぜを続けて熟成させ、
すっかり温度が下がり落ち着いたら袋詰めにして保存します。

今の時期に作っておけば、2月の芽出し肥に使えます。
私は、本でご紹介した今年の私のレシピ通りの配合で作っていますが、
これは、NPKが363で、リン酸がかなり多めになっています。
芽出し肥や、花芽形成期の肥料に使うとおそらく効果を発揮するのではと思っていますが、
枝葉を大きく育てたいときには、もっと窒素を多めにしてもよいかもしれません。

ただ、オーガニックな庭では、
堆肥などの有機質をたっぷりと使うことが多いです。
この中に含まれる窒素分も考慮に入れないと、
株が軟弱になり、うどん粉が出やすくなることもあるかもしれません。
また、発酵肥料は、計算上の成分以外にも、
いろんな効果を発揮する要素がありそうです。

実際に肥料をバラに施し様子を見ながら
毎年工夫し、加減していくことが
楽しみでもある、というわけです。

去年の発酵肥料は、とにかくよく花が咲きました。
うちの場合、バラが大きく育ちすぎても困るので、ちょうどよい加減だったように思います。
今年の配合は、さて、どうでしょうか。

さて、写真のバラですが、
蕾付き鉢苗で入手した「みさき」です。
美しさと香りで、評判の高い最新品種。
庭はこの時期ほとんど日差しが期待できませんので、
こういう大事なバラは、2階のベランダで育てています。

噂にたがわず、心にかなう美しいバラでした。

========================================================================


三連休の前半は、夫と二人で、小渕沢に行ってきました。

IMGP5053.jpg

リゾナーレという、リゾートホテルで一泊してきました。
ちょうどクリスマスの飾りつけで、夜の回廊は光に包まれ、たいへんきれいでした。
食事の後、ジャズのミニコンサートが満点の星空の下、ガーデンチャペルで催されました。

このホテル、子ども達がまだ小さいころから、
毎年のように訪れています。
家族で、夏はトレッキング、冬はスキーと、いろんなことをして楽しみました。

今回も息子を誘ったのですが、
もう、両親と出かける歳ではないようで、あっさりふられてしまいました。

IMGP508.jpg

二人だけなら、少しは贅沢もできるというもの。
ホテルの中にある花屋で、季節に合うブーケをあつらえてもらいました。

今年は、私たち家族にとっても変化の大きな一年間でしたが、
夫と二人、これからの目標を語りあうにはよい休日でした。
ちょっとした夢を二人で心に思い描きながら、帰途に着きました。
子どもたちは、留守の間もちゃんと食べ、
それなりにちゃんと暮らしていて一安心。

知らない間に、大きくなっているものなのですね。

All Comments

発酵米ぬか

yukikoさん、はじめまして!
とても素敵なご家族ですね!!
待ちに待ったyukikoさんの著書、私も手に入れました。何度も読み返し、昨日、山の公園から”はんぺん”を持ち帰りました。3カ所から採取したのですが、3回目の場所には美味しそうな茸が生えていて(素人には恐いので茸には触っていません)その下には真っ白な菌糸(コロニー?)が・・。そして、さらにその下には柔らかで黒々とした土がありました。もしかしたら、これが100点満点のはんぺん?と思ったくらいでした。そして、今日、発酵米ぬかを仕込みましたが、そのはんぺんからは良い手ごたえを感じたような気がしました。あとの2ケ所からのは混ぜている時、カビ臭さを感じましたが・・それぞれの結果が楽しみです。

ひとつ、お伺いしたいことがあるのですが、
この1年近く、お米のとぎ汁を、夕方、薔薇の根本に撒いていたのですが、今年の秋は、花があまり咲きません。薔薇にとって、あまり良いことではなかったのでしょうか?

yukikoさんの”無農薬でバラ庭を”は、まさに私の欲しかった、バラ造りのバイブルです。このような本に出合えて本当に嬉しいです。
はんぺん探しも私の性に合っているようですので、私なりの試行錯誤をしながら、我が家の庭にもあふれるバラの花とビオトープ・・目指したいと思います。
ありがとうございました。

URL | 2009/11/24(火) 02:28:32 | 和音 #- | [ 編集]

和音さん、ようこそです!
極上はんぺんゲット、おめでとうございます♪
あま~い香りで発酵してきましたら、
きっとその中には元気なこうじ菌くんが活躍してくれているはず。
発酵米ぬかづくり、ついついはまっちゃいますよね。
身近な自然の中に、こんなパワーが潜んでいたのかって、
まあ、バラづくりしてたはずがなんだか違う方向に興味がいってしまったり。^^;
「もやしもん」ってご存知ですか?
まさしく、あの世界です。

お米のとぎ汁ですが、
まだ十分に根が張っていないバラですと、
根に影響がでる可能性があります。
発酵米ぬかを作るとわかるのですが、
有機物の発酵の過程では結構な熱が発生します。
未熟な有機物は、根に直接あたるとよろしくありません。
とぎ汁を撒くのでしたら、ごくごく土の表面に、
根の近くまで深くしみ込まないように撒いた方が安全かと思います。

本、読んでくださって、ありがとうございます!
和音さんのすてきなバラ庭づくりのお役に少しでも立てるのでしたら、すごくうれしいです。
またどうぞ、いろいろお話にいらっしゃってくださいね♪

URL | 2009/11/24(火) 19:38:24 | yukiko #T1i47sQg | [ 編集]

yukikoさん、はじめてコメントさせていただきます♪
yukikoさんの著書、さっそく読ませていただきました。
そして とても興味が出てきたので、先日早速山へ出かけて「はんぺん」を探しました。
多分これかな・・・、と思う物を手に入れて 米ぬかと一緒に 今素焼きの鉢に入れてます。
(その様子も ブログで紹介させていただきます。)
バラを育てていますが、特に春先のうどん粉病にはいつも悩まされ 消毒を何度もしていますが、
この本をよんで考えが変わりました。
(まだ 消毒をしなくて本当に大丈夫か、心配はあります)
とにかく 発酵米ぬかづくりをはじめて、準備はしようとおもってしています。
我が家は狭いながらも、カマキリの卵を見つけたり とかげやミミズも結構います。
なので バラを育てているからと、消毒・殺虫剤を使うことに抵抗もありますので この冬の間いろいろ考えてみようと思っています。^^*
本当に素敵な本をありがとうございます。

URL | 2009/11/27(金) 19:18:53 | マウンチョ!! #- | [ 編集]

マウンチョ!!さん、ようこそです!
本、読んでくださってありがとうございます。
はんぺん探し、早速なさったのですね~。
米ぬかで仕込んであま~い匂いがしてきたら、いいですね♪
ブログで拝見するのを楽しみにしています。

本当に消毒しなくても大丈夫か・・・そうですね、私も、木酢液も何も撒かなくても大丈夫かしら、って最初は、ほんとに冒険気分でした。
バラの様子をよく観察しながら、なさってみてくださいね。
米ぬか花咲かじいさん撒きをすると、うどん粉が出なかったとか、少なかったという話はよく聞くんです。
黒点は、難しい場合がありますが、うどん粉に関しては、多分、最初の年でもある程度は効果があると思いますよ。
かまきりくんや、とかげ、ミミズがいっぱいの素敵なお庭なのですね!
彼らにとってもきっと住み心地のよいお庭なのでしょう。
またどうぞ、お話にいらっしゃってください。
これからもどうぞよろしくです!

URL | 2009/11/27(金) 21:11:51 | yukiko #T1i47sQg | [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2009/11/27(金) 21:49:56 | # | [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2009/12/27(日) 15:18:34 | # | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。