次のエントリー | 前のエントリー

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/?overture" target="_new

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/blog-entry-75.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋バラの季節へ

IMGP4856.jpg

母の引っ越しと、再校ゲラのチェックであわただしく過ぎたシルバーウィーク。

どこにも出かけずに、ずっと家に居ました。

下の子の誕生以来、ずっと同居して、
子育てと家事を手伝ってくれた母です。
子供たちが成長し、いよいよ実家のある京都に戻りました。

「無農薬でバラ庭を」のゲラチェックをしていると、
母と過ごした15年間の日々と、
本の中でお話している庭の思い出が重なります。

家族にとっても、記念の一冊です。

また、夫と二人三脚の日々が始まります。
若い頃と違ってずいぶん気が長くなりました。
家事を楽しみながら、仲良くやっていけそうです。

今日は、お昼にトマトとバジルとモッツラレラチーズのパスタ(うまうまでした♪)を
家族みんなでいただいたあと、
ウィークデー用のビーフシチューを鍋に仕込んで、いそいそと庭に繰り出しました。

ようやく涼しくなったので、すわ、庭仕事です!

まず、段ボール3個に、昨日買ってきた馬糞と牛フンをブレンドし、
米ぬかと、元種の発酵肥料&バイオポストを混ぜて詰め込みます。
これ、鉢植えバラの植え替えに使うための堆肥の準備なんです。

買ってきた馬糞・牛フンには、「完熟」と表示があるんですが、
さらに米ぬかと善玉菌で熟成させて、
鉢バラに使おうというものです。

もう一つの菌遊びは、
今年の発酵肥料用に、発酵米ぬかを仕込むこと。

去年の発酵肥料がまだ残っているので、
これを元種にまず一鉢。
それから、バイオポストでもう一鉢仕込みました。

半日、庭仕事をしたあとふとキッチンガーデンを見ると、
グロワール・ド・デイジョンが、咲いていました。
あんまりきれいなので、
ちょきちょき花首のあたりで摘んで
水鉢に活けました。
9月の花としては、なかなか立派でびっくりです。

気がつけば、あちこちのバラに小さなつぼみが見えています。
葉も十分ではないのに、なんと健気な・・・!

少し早めに家の中に戻り、
煮込んだビーフシチューを冷凍し、
今夜はサンマを焼いて和食でした。
お隣のご主人にいただいた掘り上げたばかりの里芋を
鶏のそぼろで煮付けたのがおいしかったです。

All Comments

yukikoさん、こんばんは。
お母様、お引越しされたのですね。
以前、オープンガーデンで、お母様のお手製、フキの煮物を頂きました。
とっても美味しかったのを覚えています。
15年も一緒に暮らされて、なんだか寂しいですね。
でも、これから御主人と仲良くやっていけそう!なんて、ちょっとウラヤマシイ!素敵ですね。

グロワール・ド・デイジョン、とってもキレイです。
yukkikoさんのブログで見るバラ達。
見ると、全部欲しくなっちゃいます!?
本の出版、待ち遠しいです。

URL | 2009/09/28(月) 00:37:45 | naomaru #6.vIsmG2 | [ 編集]

お母様。。。

yukikoさんが御留守の時、お母様が水やりなど引き受けてくださってましたね。。
「母」とは、本当に温かい存在ですね。。

改めて 徒歩三分のうちに住むわが母を、
大切にしようと誓った記事でした。。

URL | 2009/09/28(月) 18:49:30 | MISUZU. #- | [ 編集]

母は偉大

今はあったかい ババになりたいです。
離れて寂しいって言われたいですねぇ~

ナカナカなれそうも無いですけどね。

URL | 2009/09/28(月) 21:45:34 | まこち #- | [ 編集]

naomaruさん、
そうそう、あの蕗、母の十八番で、
春になると必ず作ってくれるんですよね。
庭の鉢に植えた、
山椒の若い芽を使って、香りよく。
レシピを聞いても、私には再現不可能・・。
そういうメニューが他にもたくさんあって。
今度京都に帰ったら、ちゃんと作り方を聞いておかなくちゃです~。

夫とは、はい、
けんかするほど仲がいい
っていうくちです。^^;

ディジョン、5株目の正直なんですよ。
植えても植えてもなぜか根付かず、
今の株だけが育ってくれました。
5回挑戦するだけの価値はある花って、
咲くたびに思います♪

URL | 2009/09/29(火) 19:34:20 | yukiko #T1i47sQg | [ 編集]

MISUZUさん、
庭造りでも、
母には、たくさん助けてもらいました。
母も園芸が大好きで。
だんだん年をとって、負担にならないよう、
水やりも自動潅水装置を付けるなど、
省力化に努めるようになりましたが。

お近くにお住まいのお母様、いいですね~。
私は、また京都に遊びに行ける口実ができたかなあという感じです。

URL | 2009/09/29(火) 19:38:38 | yukiko #T1i47sQg | [ 編集]

まこちさん、
ふふふ、そうですね~。
息子たちって、小さいうちは
ママひとすじだったんですけどね~~。
小学校の高学年ぐらいかなあ、
お風呂に鍵かけて入るようになったころから
変わりましたね。

まあ、正常に育ってるということでしょうか。
あとは、そうそう、マゴに期待!?ですかね。^o^
それも、いつのことやら・・。

URL | 2009/09/29(火) 19:43:03 | yukiko #T1i47sQg | [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| 2009/09/30(水) 03:30:33 | # | [ 編集]

はじめまして

亜熱帯ゲリラ豪雨多発地方(大阪)のベランダで
バラを育てているメアリーと申します。
午後しか陽があたらない環境で、
日照は変えてあげられないけど、無農薬で土や鉢を工夫して
なんとか強いバラにしようとがんばっています。

三日月さんのブログで、こちらを知り、
おじゃまさせていただきました。
hpも拝見させていただき感動しました。
本が出版されるとのこと、とても楽しみにしています!

うちも以前、共働きで忙しかったとき
母に出張を頼んで3人の子供の面倒&家事を
お願いしていた時期がありました。
そういう母(ババ)になりたいものです。

これからもちょくちょくおじゃまさせてください♪
どうぞ、よろしくお願いします。

URL | 2009/09/30(水) 11:13:42 | メアリー #Lb0elJ46 | [ 編集]

Re: もがいております・・・

rose maruさん、
とっても充実した毎日をお過ごしのご様子、素敵ですね!
米ぬかオーガニックなバラ庭づくりは、
いかに省エネ&省マネーするか、というのが工夫のしどころで・・。
私はご存じのとおり、週末ガーデナーなので、
庭仕事は、週末のみ。
といっても毎週庭にどっぷりというわけでもなく、
このごろでは、月に1~2度、一日あるいは半日の庭仕事をするくらいなんですよ。
冬場は、結構やることあるので、そういうわけにもいかないんですが。
お正月休みを使って一気にやっちゃうんです。
自分でできる範囲のバラ庭、手抜き大歓迎のバラ庭です。
それでも、それなりに楽しめますから。

発酵米ぬかづくりのバイオポストは、
全量の1割くらいで十分です。
早く発酵させたければ、2~3割くらいに増やすといいです。
米ぬか撒きは、季節の変わり目に、年4回撒いています。
土に分解力が付いてくれば、もっと頻繁に撒いても大丈夫です。
バイオポストは、土着菌だけだと発酵力が不安定な場合に加えると
発酵が安定して失敗がなくなります。
まあ、保険みたいなものですね。

気長に、自分が楽しめることを第一に、
バラ庭づくりができることが一番ですよね。
またどうぞ、お話にいらっしゃってくださいね。

URL | 2009/09/30(水) 19:30:18 | yukiko #T1i47sQg | [ 編集]

メアリーさん、ようこそです!

働きながらの子育てって、ほんとうにたいへんですよね。
お母様が助けてくださったのは、なんと心強かったことでしょう!
うちも、下の子が生まれて母が来てくれたとき、
これでやっと人間らしい暮らしができると思ったものです。^^;
核家族な世の中ですが、三世代の良さって、ありますよね。

ブログ、ちょこっと先ほど拝見してきました。^^
丈夫なバラを使って、素敵なベランダローズガーデンを作ってらっしゃるんですね。
高温多湿な関西での庭造り、並々ならぬ御苦労があるかと思います。
またぜひいろんな工夫を教えてくださいね。
これからもどうぞよろしくお願いします。

URL | 2009/09/30(水) 19:47:23 | yukiko #T1i47sQg | [ 編集]

ほんとにホント?

ホントにその程度のお庭仕事なんですか?なんだか狐につままれているみたい・・・。でも、長年の間に手抜きガーデンでも大丈夫なお庭が確立されてきたのでしょうね・・・。バイオポストの効果、ありがとうございます。いろいろ調べたら、発酵資材としてだけでなく、土壌改良にも使えそうなので、今日発注しました。  〈米ぬかまきは土に分解力があれば〉・・・了解です。知らない事ばかりで、撒けばどんどん良くなるのかと・・・
先日、柳生真吾さんの講演を聴きに行って、園芸の‘愉しみ’方を教えていただきました。動きのない静かな植物たちのしたたかさ、まんまと利用されている虫たち・・・とっても愉快でした。『生き物(植物も含めて)を育てるのは死ぬのを看取るジャンルだ』とも・・・失敗しても諦めず、そこから学ぶこともまた大切なことですね。とても感動しました。

URL | 2009/10/02(金) 16:54:31 | rose maru #PwhKq782 | [ 編集]

rose maruさん、
はい、長年、いかに手抜きしてバラ庭を維持できるかというところにかけてきましたので。(笑)
今の時期ですと、咲いているものあり、棒のような状態になっているものあり。
気持は、秋バラというより、もう春の庭に向かっております。
バイオポスト、そうなんですよ、どちらかというと土壌改良のための資材です。
それを発酵の元種として応用しているわけです。

「失敗から、学ぶ」そうそう、私もまさしくそう思います。
長年やっていると失敗の方が多いかもと思えます。
失敗するからこそ経験や知識も豊富になっていくんですよね。

試行錯誤がいつまでも続くから、飽きずにできるんでしょうねえ。

URL | 2009/10/03(土) 22:51:02 | yukiko #T1i47sQg | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。