次のエントリー | 前のエントリー

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/?overture" target="_new

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/blog-entry-7.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発酵肥料を仕込む

エメ ヴィベール

朝、洗濯物を干そうとベランダに出たら、
可愛いバラに出会いました。
2階までわさわさ伸びたエメヴィベールです。
このバラ、秋咲きと言ってもいいくらいの超遅咲き。
でも、毎年秋にこんな愛らしい表情を見せてくれるので、
憎めないのです。
この冬はいつものように切り詰めないで
大きいままで育ててみようかと思っています。
そうすれば、今朝のように、2階から楽しめますから。^^

さて、この週末は、発酵肥料の仕込みをしました。
レシピは以下の通りです!

油粕 5キロ
骨粉 2キロ
魚粉 3キロ
ニームケーキ 2キロ
クンタン 0.3キロ
米ぬか(発酵米ぬか) 3キロ

種菌には、近くの雑木林の土着菌と、
春の発酵米ぬかオフでみなさんから頂いた菌を
秋になってから米ぬかで拡大発酵させたものを使いました。
どちらの菌も、春からずっと
テラコッタ鉢の中で大事に寝かせてあったものです。
あ、それからもちろん、
庭土を種菌に甘い香りを放って発酵した米ぬかも使いました。

これだけの材料をよく混ぜ合わせ、
3リットルくらいの水を入れてさらによくすり混ぜました。
この水には、バイオゴールドを溶かした液肥が入っています。
混ぜ合わせたものを、8~10号のテラコッタ鉢に入れて、
ぴっちりフタをします。
かなりの大量ですから、鉢がずらっと5つ並びました。
フタは、大きな鉢受け皿やポリバケツのフタを使い、
その上に空のテラコッタ鉢を逆さに被せて重石にしておきます。

翌日から早速ほかほか発熱を始めました。
表面にはもううっすらと白い菌糸が張っています。
テラコッタ鉢で作ると通気がよいためか、ひどい悪臭はしません。
甘いような香ばしいような香りがし始めて。
これから毎日、発酵の具合を確かめるのがとても楽しみです。

今回は、エクセルを使って、
ちょっと面倒な肥料計算もしてみました。
上記のような有機質だけのレシピですと、
窒素・燐酸・カリが、4-5-1というバランスです。
バイオゴールドのバラ用が、5-8-5ですので、
リンカリ肥料を2キロ発酵の最終段階で加え
バランスを整えることにしました。
化成肥料を加えるのは、その方が酸性を好む酵母菌が元気になり、
最終的によい肥料が作れるためでもあります。
上記の化成肥料を加えると、
4-6-3というバランスになるはず。
バラには、年間に窒素分で30グラムが必要とすると
今回作った発酵肥料をバラ一株につき
毎月100グラム程を、2月から9月まで施せばよいという計算になりました。
もちろんこれは地植えの場合で、鉢植えはもっと少なくてよいでしょうが。
今回作った分でその半分くらいがまかなえそうですので、
春までにもう1度作るとよいということになります。

いろいろ計算してみて、
肥料の効果を有機質だけで上げようとすると、
かなり大量の施肥が必要なことに気づきました。
市販の肥料にはたいてい有機質と化成肥料が含まれています。
なるほどこれは納得です。

一番手軽なのは、
バイオゴールドなどの優秀な市販の有機発酵肥料を使うこと。
しかし、エクセルで計算してみたら、
手作りなら1キログラムあたりの費用は市販の3分の1で済みます。
我が家のようにたくさんのバラを養うとなると、
市販のものでは、新しくバラ苗購入どころでは無くなってしまいます。^^;
もちろん、自家製発酵肥料の中の活きの良い土着菌たちは
オーガニックの強い味方!
冬に作った肥料がある間はバラの生育がたいへんよかったですから。

今週末は、体調もよくなり、
庭仕事がはかどりました。
思う通りにやりたいことができるって、ホントにうれしいものですね。^^

All Comments

こんばんは。

こんばんは~。
以前、yukikoさんの米ぬか発酵は挑戦してみたのですが、発酵肥料はまだしたことがないので挑戦してみたいと涼しくなるのをまってたところです。もうそろそろよさそうだな~と思っていたときにyukikoさんのコメント!私の場合はもっと少量になるとおもいますが、やってみますね。米ぬかを発酵させたときのいいにおいがまたあじわえると思うと、いまから楽しみです!

URL | 2006/10/26(木) 03:11:17 | まこ #- | [ 編集]

すご~~い、計算して作ってるんだ~~!!
敬服
がんばってるんだね~~~!
通気性考えて、テラコッタ鉢っていうのもいいね!場所とりそうだけどね。
よ~~し!

URL | 2006/10/27(金) 06:47:27 | takasi #EBUSheBA | [ 編集]

こんばんは。

昨年は米ぬか発酵止まりでしたが、今年は、
発酵肥料に挑戦したいと思います!

わかりやすいレシピに感謝です。

URL | 2006/10/27(金) 22:27:31 | ちょむ #Ip/fgraw | [ 編集]

まこさん、
あの甘~いにおい、いったん味わうとやみつきになりますよね。^^
うちの庭土でやると、混ぜてる間から、
いいにおいがし始めるんですよ。
今日も、やたら元気のよいキャリエール婦人の株もとから土をひとすくいいただいてきて、
発酵米ぬかを仕込みました。
これは、次回の種菌にする予定です。
小規模でも、何回か繰りかえして作れば、
春までには、そこそこの量になると思いますよ。

takasi師匠も、そろそろ仕込みでしょうか。^^
今度ぜひぜひレシピを教えてくださいね♪
テラコッタ鉢、超お勧めです。
去年初めて作ったとき、
野菜用の大きなプラスチックのコンテナを使ったのですが、
ひどいアンモニア臭がして、困りました。
テラコッタでやるようにしてからは、
まったくそういうにおいがしません~。
ふたをあけるとふわっと独特のにおいが少ししますが、ぜんぜん耐えられる平気なレベルです。
鉢がたくさん並びますが、うちでは、駐車スペースの後ろが日陰でちょうどよいので、そこにずら~っと並べています。^^;
昔使っていた、菊鉢10号が肥料造り用にはすごく使いやすいです。^^

ちょむさんも、いよいよ挑戦ですね!!
発酵米ぬかがうまくいったのでしたら、
発酵肥料もきっと大丈夫♪
決め手は、水分量と通気性です。
ほかほかいいにおいがしたら、大成功。
温度は、そんなに上がらなくても
ちゃんとそのうち
白っぽくなっていきます。
私まで楽しみになってきてしまいました。^^

URL | 2006/10/29(日) 21:59:56 | yukiko #T1i47sQg | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する

TeackBack URI

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

All TrackBacks

寒肥つくりの季節がもうすぐ

今日も、暑い日ざしです。でも朝夕は長袖が必要です。そろそろ、寒肥つくりをはじめましょうか。お友達のyukikoさんもはじめたようですね。通気性を考えないと、やはりにおいが問題になります。僕の場合はやや広い場所で作ってるのでいいですけど。住宅地の真ん中はね!

2006/10/27(金) 13:44:12 | 趣味は園芸の農芸家

ハイポネックス「ハイグレードシリーズ」原

近所のHCで薔薇用が売り切れになっていましたので、注文しました。でも、近所のHCより安いので、送料さえかからなければ今後もこちらで購入したいです。メジャーなハイポネです^^近くの園芸店に無かったので購入しました。NーPーKが4-6-6のバランスで窒素成分が少な

2007/08/12(日) 09:41:19 | 肥料への思い

プロが認める、ゴルフ場のグリーン、フェア

 芝の庭前回頂いた肥料が無くなってしまい、ホームセンターの肥料を使ったのですが粒が大きく浸透性が悪い為、芝の上を歩いた所がこの暑さで肥焼け状態になってしまいました。この肥料は細かくて浸透性も良く芝には最高な肥料だと思います。趣味   芝生

2007/09/07(金) 07:01:14 | 肥料への思い

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。