次のエントリー | 前のエントリー

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/?overture" target="_new

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/blog-entry-69.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マダム ルナイー

2009-05016 173

夏らしからぬ曇り日が続いていますが、
外では、朝から夜中まで蝉時雨。
はっきりしないまま過ぎ去っていこうとする夏を惜しむようです。

夏のつぼみはできるだけ摘むようにと思っているのですが、
摘みきれなかったバラたちがちらほら咲いています。
緑に包まれた夏の庭で、
ここはバラ庭と、主張しているかのように。
重ねは薄い夏花ですが、
それはそれで存在感があります。

玄関先の塀に、ハンギングにして
四季咲き性のよいバラを数種、育てているのですが、
マダム ルナイーもそのひとつです。
ちょっと気難しいかなあと思うハイブリッド パーぺチュアルなんですが、
どうしてどうして、よく咲く、オーガニックでも案外丈夫なバラです。

ふんわりとした重ねの中に、
ラベンダーを感じさせる、品の良いピンクのグラデーションが溶け合って、
たいへん素敵なバラだと思います。

うちは、大きく育った落葉樹の木陰が多く、
マダム・ルナイーのように四季咲き性のよいバラは、
日照が課題です。
唯一、玄関先の塀のあたりは、
朝早くから夕方までよく日が当たります。

チャイナやポリアンサもここが指定席。
花後の強剪定で回復させたいバラや、大事な新苗も、
ここなら安心です。
塀の上に置いたりハンギングにするわけですから、小さな鉢が必須ですが、
発酵肥料の追肥を毎月欠かさず、
咲いたらきびしく切り戻しをして育てています。

夏の午後、出窓から見えるニセアカシアフリーシアの明るい緑は、
西日を遮り涼しげで、心やすらぐ風景です。
夏の庭での作業も、木陰があるからこそ、心地よく過ごせるのですが。

薔薇のための日照も大切なことは確かで・・。

なんとも欲張りな話ですね。







All Comments

夏場の発酵遊び

湿らせた竹チップにバナナの皮や枝葉や出し殻等々を混ぜて1ヶ月半経ちました。

形が残った枝も指先で潰れるほど分解してました。

白い竹の色から茶色になってますね。

酵母菌いっぱいの葡萄の皮など 次に試してみたくなりました。

夏場の発酵遊びにもってこいですわ。

発酵遊びは続けてないと つまんないと言うか、張り合いが無いと言うか。

日々変わって行くのが 楽しくて。


では、本の発売を楽しみにしてます!

URL | 2009/08/12(水) 23:13:29 | まこち #- | [ 編集]

昨日、帰省から帰ってきました。
お返事が遅くなって申し訳ありません。

まこちさん、夏の発酵遊び、
達人ですね!
夏は、虫や青カビなどが出やすくて、
慣れないとお勧めできないんですが、
実は、気温が高いので、
微生物は活性化しやすく、
うまくやれば、発酵がどんどん進み、
あっという間に分解していく時期なんですよね。
竹チップも、バナナも、出しガラも、
みんなバラにはとっても良さそうです。
夏の間にしっかり分解させることができれば、
秋バラに向けて、早速使うことができそうです。
楽しみですね。

本のこと、ありがとうございます。
もうすぐ初校ゲラというのが届くそうです。
あと少し、がんばります。

URL | 2009/08/17(月) 08:43:34 | yukiko #T1i47sQg | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。