次のエントリー | 前のエントリー

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/?overture" target="_new

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/blog-entry-32.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭の計画

2007_0508_174141AA.jpg

なんだか今宵も、冷たい、雪になりそうな雨が降っています。

この週末は、たくさんバラを植えました。
一季咲きのオールドローズばかりです。

ヘベス・リップ (ダマスク)
グロワール・ド・ギラン (ダマスク)
シャポー・ド・ナポレオン (ケンティフォリア)
カーディナル・ド・リシュリュー(ガリカ)
ジョルジュ・ヴィベール (ガリカ)
コンプリカータ (ガリカ)

家の南側に家が2軒も建ちましたので、
メインの庭は、今の時期はほとんどシェードガーデン状態です。
9月の末からおそらく3月ごろまでは、
日陰の庭。
秋のバラは難しい・・・とあれば、一季咲きのオールド
とまあ、そう考えたというわけです。

普通の大苗から育てたのであれば、
日陰の庭では大きく育つのに時間もかかることでしょう。
ネットで長尺ものを頼みました。

オーガニックという栽培条件に加えて、
日照が限られるというちょっとつらい環境条件が
今年から我が家のバラたちには課せられます。

その中でも、バラを選び、ひと手間かけてあげれば、
それなりにバラの庭を愉しむことができるのではないかなあと
楽観的です。

ひと手間作戦として、春先芽だしのころに
バイオゴールドのバイタルを潅水することを考えています。
バイタルは、発根を促します。
ただし、水をたっぷり与えてからバイタルを撒くのがコツと聞いています。
で、白根が出たところに、我が家特製の発酵肥料を与える!
ほらね、なんだかうまくいきそうでしょう。^^v

それともうひとつ、
今回植えたバラの植え穴には、たっぷりとクンタンを混ぜ込みました。
クンタンも、白根の発育を促します。

テラ・プレタという南米古代文明の土をご存知でしょうか。
何百年も、肥料を入れなくても作物が栽培できてしまうという奇跡の土壌です。
古代に、人工的に作られたということなのですが、製法は謎。
ただし、低温で焼いた炭の含有量がたいへん多いとか。
テラ・プレタの上では、有機物が短い間に分解されてしまうそうです。
どうやら、炭と土着菌が関係していそうって、ピンときた方もいらっしゃるでしょうね。

クンタンは、籾殻を焼いて作った炭です。
テラ・プレタとまではいかなくても、発酵肥料とは、相性がよさそう。
植えたばかりの苗も、元気良く白根を張ってくれると期待して。

といろいろ作戦は練ってはいるものの、
もちろん一季咲きのオールドだけで満足できるわけでもありません。
四季咲き性のよいバラたちは、
一日中陽が当たるキッチンガーデンのまわりに
鉢植えにして置くことにしました。
花盛りになったら、メインの庭に移動して飾ります。
ほんの少しですが、誘引できるスペースもあります。
そこには、とっておきのつるバラや、シュラブを植えました。
春に咲いたら、お披露目しますね。

写真のバラは、咋春に咲いたエヴァ ドゥ グロゾブレ。
とっておきのビンテージローズのひとつです。
お気に入りです。

All Comments

yukikoさん、こんばんは。

テラ・プレタ私は最近テレビ番組で知りました。ホントにスゴい土ですよね~、何百年も肥料を与えなくても元気に育つなんて!!
私も今までも、鉢土や庭に何か植えつけるときにクンタンを混ぜていたんですけど、テラ・プレタに多く炭が多く含まれていると知ってチョット多めに混ぜてみようかな~と思いました(^^)

それと酵母のご意見ありがとうございました(^^)私ももうチョット暖かくなってから挑戦してみようと思います。発酵米ぬかも予備を残さずに間違えて庭に撒いてしまったので、まずは発酵米ぬか作りからです!

URL | 2008/01/30(水) 18:06:41 | akiko #- | [ 編集]

yukikoさん、こんばんは。

オールド長尺って・・・。
あそこですね?^^
A店・・・。

ボクもあそこでジョルジュヴィベールの
特大苗頼みました。
うわー。兄弟ですね!
ウチも5月中旬から8月上旬まで
まったくの日陰ですから、
これまた似たような環境ですね。
きっと咲きますよ!
屋根のあるウチでも咲いてるくらいですから。
ただ寿命は・・・。どうでしょうか?

発酵米ぬか、うまくいってました。
放っておいたらうまくいくって・・・。
適当に待ってみるって大事ですねー。

鉢の移動の際、腰を痛めませんように。^^

URL | 2008/01/30(水) 22:54:45 | kazu #- | [ 編集]

yukikoさんお久し~ぶり~で~~す

さて、何から話していいものか・・・

酵母パンうまくいっていますか?
わたしはN社のパン焼器を使っていますが、ホシノ天然酵母は割りと膨らむのですが、白神酵母のほうは固いしっかりした生地に焼きあがってしまい余り満足できないのです。

だから別の容器で親生地を作ってから、パン焼き器に入れてプログラムに乗せることにしています。
粉かな~?生活クラブの北海道の粉なのですが。
どのような工夫をなさっていますか?

ごめんなさい、何のブログか分からないカキコになってしまいました。

この冬私も
カーディナル・ド・リシュリューを求めて鉢に植えつけたところで、yukikoさんと一緒でうれしくなってしまいました。

教えていただいた、デフレ・フルール・ジョーンズ、遠くからでもとても芳香を放ち道行く方達にも足を止めていただくほどの美人です。

願わくばもう少し留まっていてくれたら、云うことないのですが、名残惜しくさよならします。

3度目の春がもうすぐです。
つる薔薇の誘引が残りますが、暖かな日和は何を置いても外に出て、春までの作業を楽しみ、自然の力を待ちましょう。

とても、とてもyukikoさんのようには出来ませんが、ひたすら糠をふっています。

これからもお邪魔させていただいて、参考にさせてくださいね。



URL | 2008/02/02(土) 20:39:11 | reiko #- | [ 編集]

雨の休日~

こんにちは~v-411
発酵肥料に混ぜ込んだもみ殻燻炭にはカリ成分以外の意味合いが有ったんですね~以前から少しは施していましたがこれからは意識して使うことに~。ただ…堆肥もそうなんですが結構かさ張るので鉢植に施すと株元が埋まってしまい水スペースが少なくなって困ります。今はブリキ板の帯で筒を作り鉢内側に被せ置いてかさ上げしてるんですが?

当地でもそろそろ作業の集中する時期が始まった様です。よしやるぞと決めてミニバラ辺りからパパっと片付け~つるバラを~でも休日はv-279雨で過ぎて行きます。次の週末は晴れますようにv-404

URL | 2008/02/04(月) 02:06:26 | KOU #QZkLKt7c | [ 編集]

こんばんは。

こんばんは。
今日、オーガニック教室でお世話になったT田です。
オーガニック教室。とっても有意義な時間でした。
それに、みなさん、楽しい方ばかりですね。。。
それから、yukikoさんのクリスマスローズ、とっても素敵な色と形でしたね。。。

また次回のお教室、楽しみにしています。
よろしくお願いいたします。

URL | 2008/02/10(日) 01:34:12 | naomaru #Jmz/9qgA | [ 編集]

みなさま、またまたお返事遅くって申し訳ありません~!

akikoさん、ふふふ、私もそのテレビを見て、
テラプレタのことを知ったのですよ!
で、ネットでいろいろ検索してみたら、
やっぱり、すごい~ということになって。
クンタンには、白根を出させる効果があるそうです。
鉢土に混ぜると効果歴然ですよね。
炭がいいって前から言いますけれど、
積極的に使っていこうって私も思いました♪

kazuさん、うわーーー、兄弟ですねえ。
ガリカの透明感にくらくら来ていまして、
ついつい今回はガリカ大会になってしまいました。^^;
ジョルジュも、なかなか期待しています。
鉢の移動、そ、そうですねえ。
腰を痛めないよう、大鉢にはみんなキャスター付きの鉢置き台を使っていますが、
それでも、移動は確かにたいへんです。

reikoさん、そうそう、白神酵母、
ちょっと扱いにくいところありますよねえ。
私は、天然酵母を使ったHBパン作りの
レシピ本通り、焼いています。
イーストを使ったときと同じ4時間コースで焼くと、そこそこふっくら膨らみますよ。
入れる順は、酵母→水→砂糖→粉→塩→油分です。
塩と酵母が直接ふれあわないようにがポイントです。
またもうひとつの方法としては、粉と砂糖、塩を、よく混ぜ空気を含ませてから水分と酵母を加えるとよいようです。
4時間コースの始めに水分を加えないで粉と塩砂糖だけを入れて5分くらいからまわしして空気を含ませてから水分や油分を入れて焼いたら、ふっくら焼けました。
ところで、デフレアフルールジョーヌ、
うちでは一度も咲いたことがないんですよ。
なんででしょう。
今年は特に手厚く肥料をやってみようとおもってるんですけどねえ。

KOUさん、何もかも着々とすごいですね~。
この連休には、そちらも雪で大変だったでしょう。
でも、屋上で日当たりがいいので、あっという間に融けてくれたでしょうか。
確かに、植え付けのときにたっぷりとウオータースペースをとっておかないと
肥料やマルチやらで、あっというまに鉢があふれそうになってしまいますよね。
有機物は、1年もすればこなれてかさが減ってくれるんですが、その分も考慮に入れて、植え付けのときにウォータースペースをとっておくようですね。

naomaruさん、ようこそです!
土曜日はお疲れ様でした。
みなさんとオーガニック談義、私もとっても楽しかったです。
クリスマスローズは、次回にもきっと会えると思いますよ。
これからもどうぞよろしくお願いいたしますね。


URL | 2008/02/11(月) 20:52:08 | yukiko #T1i47sQg | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。