次のエントリー | 前のエントリー

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/?overture" target="_new

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/blog-entry-3.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バロンヌ アンリエット ドゥ スノイ

IMGP4996.jpg

台風の影響で蒸し暑い一日になりました。
朝方から激しく降っていた雨が上がり庭に出みると
しずくを含んで薔薇が咲いていました。
ティーローズのバロンヌ アンリエット ドゥ スノイです。
グロワール ド ディジョンの血をひくアンティークローズ。
オールドというより、アンティークという言い方がぴったりな
優雅さを感じさせる薔薇です。
苗を手に入れて、そのまま鉢で育て樹形を見ています。
花は高く伸びたステムの先に咲いたので、早々にカットして花瓶に飾りました。
薔薇がテーブルにあるというのは気分がよいものです。
そのテーブルでこの週末に買ったばかりのガーデン誌を繰りながら、
雨の休日を過ごしました。

ガーデン誌には、心惹かれるフランスの薔薇が満載。
そして、今年の冬には、今まで見たことがないような優雅な薔薇の苗が
店頭に並ぶとか。
数々の薔薇の写真を見ながら、
来シーズンは、どの薔薇を庭に迎えることができるだろうかと
とってもわくわくしてしまいました。
ここ数年、実はどのガーデン誌を見ても既視感が強かったのですが、
久しぶりに心躍る企画に出会った感じです。
フランスの薔薇は、香りも魅力だとか。
そういえば、メイアンのマガリというフロリバンダがうちにあるのですが
フロリバンダとしては珍しくすばらしい香りの薔薇です。
美しいだけでなく、香りもすばらしいのがフランスの薔薇。
しかも丈夫で育てやすいものを追い求めているとのこと。
去年旅したフランスの街や出会った人たちを思えば、
フランス人のそういった感性の豊かさや美に対する追求の姿勢は
とても納得できます。
IMGP5003.jpg

さて、もう一輪、しずくを受けて咲いていたのは、
パロマ ブランカという白薔薇です。
こちらも、うちの庭では初めて咲いたのですが、
本当に優雅で美しい薔薇でした。
二輪ともカットして、同じ器に挿しました。

秋薔薇の季節は、もうすぐそこですね。^^

All Comments

新たなブーム?

yukikoさん、こんにちは。ご無沙汰しています。

既視感が強い・・・、同感です。
ガーデン雑誌も記事そろえるのに苦労しているな、などと思っていました。
DAとRofRの件もあり、これからはフランスのバラに目が行きそうですね!
楽しみです。

バロンヌ・アンリエット・ド・スノワ、ボクも大好きな品種です。ボクはこの一年、ティーローズづいておりました。yukikoさんも同様かと・・・。^^

URL | 2006/09/21(木) 12:03:07 | kazu #- | [ 編集]

kazuさん、たいへんなことがおありだったのですよね。
お悼みもうしあげます。
ブログを復活されて、相変わらずたくさんのお客様を迎えられ、少しでも気持ちが和らぐといいですね。
さて、バラの名前ですが、
スノイ、ではなく、やっぱりスノワでよいのですね~。
このブログ書くとき、かなり迷っていろいろ検索かけたりしました。
でも、結局買ったときに付いていた名札通りにとりあえずしておこうと思って。^^;
kazuさんのカキコですごくすっきりしました。
ありがとうございます♪

で、うわさのフランスのバラ、そしてティーローズ。。。
先日手に入れたカタログがあまりにも魅惑的で、
いったいどこに植えるんだろうと思いつつも、
来春たくさんお迎えする予定でいます。(汗)
とりあえず、大鉢に三株ずつ新しいバラを。
で、今鉢に植えてある、大きく育った子達は地植えにと、
今から脳内ガーデニングに余念がありません~。
まだ、庭仕事はいつもの半分くらいに自粛していますが、
春を思うだけでも楽しい季節ですね。^^

URL | 2006/10/01(日) 11:30:19 | yukiko #T1i47sQg | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。