次のエントリー | 前のエントリー

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/?overture" target="_new

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/blog-entry-145.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ヶ岳への想い

DSC_0047_convert_20130916105821.jpg

この三連休、段ボール一杯届いた秋植え球根を積んで、八ヶ岳の庭に行くつもりだったのですが、
台風の来襲にはかなわず、めずらしく家で過ごしています。
外は嵐が吹き荒れていますが、頭の中では、来春に向けての庭のプランがあれこれと渦巻いて。

この春からずっと、週末ごとに八ヶ岳に通い、庭仕事を続けてきました。
去年までは、あっという間に草に覆われてしまっていた土地ですが、
今年は、草の勢いがおさまり、
上の写真のように植えた草花が
大きく育ち咲いてくれるようになりました。

八ヶ岳で庭仕事っていっても、まだ土地には家も建っていないので、
苗を植えつけても水やりもなし、
鹿が来て、苗を起こして肥料を食べてしまうおそれがあるので、施肥もなし。

植えた苗にしてやれるのは、
土地の野草を刈ったもので株もとをしっかりマルチすることだけです。
でも、草マルチの利点は、以下のように、たくさんあります。

まず、しっかりと刈り草でマルチしたところには、新たに野草が生えてきにくくなります。
従って、去年のように草にのまれて植えた苗が消えてしまうことがなくなりました。
刈り草マルチをしたところは、
野草が生い茂る土地の中で枯れ草色のアイランドになって、
ナチュラルな風情の花壇に変身です。

それから、草マルチの下にはミミズがいっぱい棲んでいて、自然に土がふかふかになります。
東京の私の庭でもおなじみの、有機物マルチのはたらきです。

また、草でマルチしておくと、地面の乾燥を防ぐことができます。
植えつけたばかりの苗は、水やりをするかわりに、分厚く草でマルチしておいてやります。
草マルチは、降った雨をやさしく受け止め保持し、土が下に流れてしまうことも防いでくれます。

さらに、冬期の低温からも、株を守ってくれます。
去年の秋遅くに、バラの株もとを特に念入りに厚く囲むように枯り草で覆っておいたのですが、
バラたちは、無事、冬越しをしてくれました。

そしてなにより、お金と労力がかかりません。
マルチに必要な分だけ、そのへんの刈り草を運んで敷くだけ。
足りなければ、ちょっと手を伸ばしてザクザク刈って使えばよいのですから。

さらに特筆すべきは、草マルチに使う野草は、
周囲の景観と調和した季節感のある景観を作ってくれるのです。

野草は放置しておくと、人の背丈よりも高いカヤ等が生い茂り、庭は荒れた感じになってしまいます。
しかし、定期的に草刈を続けると、自然に土が肥え、生える野草の種類が多様になり、
背丈も低く、やさしい風情のものに変わっていくのです。

人が少し手助けすることで、豊かで多様な生態系になる「里山」のくらしと同じですね。

花壇に植えている草花は、ハーブを中心に、冷涼なこの土地の気候に合ったものを選んで植えました。
なぜハーブかと言うと、鹿が匂いを嫌って食べないからです。
鹿が好む、ホスタやチューリップ、ユリなどは、植えても食べられてしまうので植えません。
季節ごとに近隣の庭や道端の花々をよく観察して、自然に育って元気に咲いている植物を選んで植えています。
近くの野菜市場でも、土地に合ったハーブや花苗を安価で売っているのでこちらもよく利用しました。
植える植物さえ選べは、鹿とも共存できるのでは、と考えています。

東京の庭では、夏越しが難しいデルフィニュームが、大株になって夏中咲いていたり、
去年植えたはいいけれど、草に埋もれていなくなったと思っていたフウロソウのジョンソンズ・ブルーが、
冬越しをしてちゃんと生きていて、草の中で花を咲かせていたりと、
土地に合ったものは、とことん元気で、
うれしい驚きがたくさんありました。

リナリア、キャットミント、宿根アマ、ラムズイヤー、朝霧草など、
植えてすぐ大きくなり、本領発揮した宿根草がたくさんありました。
バラもいいけれど、このところは、宿根草に気持ちが大きく傾いています。^^;

球根類は、何と言っても水仙が土地に合っています。
鹿も食べないですし、寒冷な気候にも耐えてくれます。
この春は、一面に咲いて圧巻でした。

DSC_0322_convert_20130916115119.jpg


で、肝心のバラはどうか、と言いますと、
こちらは、まだまだ根っこ張りモードのようで、なかなか大きくなってはくれません。
草花より、樹木の方が、自然の状態では根を張るのに時間がかかるのでしょうね。

週末ごとの八ヶ岳通いですが、庭仕事だけでなく
お気に入りのペンションやレストランやカフェ、
パン屋さんやジャム屋さん、
地元の新鮮野菜を安く扱っている市場、
温泉に行くのも楽しみのひとつです。
地酒の酒屋さんが近くにあり、アーティストの工房も点在しています。
八ヶ岳南麓は、素敵な人たちが集まってくる場所のようで、
たとえ一人で滞在することがあっても、
お店やペンションのオーナーの方たちと、楽しく会話がはずみます。
バラ友さんとも、あちらでお会いすることがちょくちょくあります。
オーガニック・ローズシリーズの読者の方も少なからずいらしゃって、
そのうち八ヶ岳でも講座をしてほしい、という話もお聞きしたり。

土曜日の早朝、中央高速に乗って2時間で到着、
7時前には、なじみのパン屋さんで焼き立てパンを買い、土地でパラソルを立てて朝食です。
そのあと、お昼ごろまでみっちり庭仕事をしたら、
そのころ中央線特急でやってきた友達をピックアップしてお気に入りのレストランでランチ。
午後は、清里等で観光したり温泉に入ったりして、ペンションにチェックイン。
夜は、ペンション、または近くのレストランで夕食。
翌日曜日は、ペンションでゆったり朝食と珈琲を頂いたあと、
午前中に市場で野菜をたっぷり買い込んで、渋滞を避け、
お昼ごろには東京に戻ってきます。
午後は、家事とホットヨガ。^^;

そんな週末生活も、あと1年位でまた、次のステージに行けそうな感じになってきました。
たくさんの方に喜んでいただけるよう、がんばりたいと思います。















All Comments

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。