次のエントリー | 前のエントリー

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/?overture" target="_new

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/blog-entry-130.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の庭で

霜が降りるようになりました。

寒さに弱いインパチェンスは、静かにしおれ、ハナニラの葉蔭に見えなくなって。
パンジー&ビオラとガーデンシクラメンが、庭に色を添えています。
バラは、豊かな香りとともに冷たい空気の中で咲き、まるで時間が止まったようなたたずまいです。

今の時期の庭は、とにかくやるべきことが尽きません。
芽出し肥用の発酵肥料の仕込み、
米ぬか撒きと有機物マルチ、
鉢バラの植え替え、
つるバラの整枝誘引、
古土の処理、などなど。

発酵肥料の仕込みは、今年はインスタントに発酵米ぬかづくりを省略。
自家製発酵米ぬかの代わりに、「花まもりぼかし肥」を使いました。
発酵の立ちあがりに時間がかかりますが、一度温度が上がれば順調に発酵が進み、
10日程で全体に白っぽく菌が回り乾燥しました。
この段階で、ニーム粕を投入して、仕上げていきます。
ニーム粕には、「花まもり菌液」の300倍液を染み込ませて湿らせてから
できあがりかけた発酵肥料に投入します。
それくらいの水分量でちょうどのようです。

米ぬか撒きと有機物マルチですが、
今年は、ふるさと石川県の米ぬかを使います。
有機物には、栗東の馬ふんを用意しました。

鉢バラの植え替えには、今年は、
古土に「花まもりぼかし肥」を5パーセント程混ぜて1カ月以上寝かしたものを使いました。
新しい土で植え替えた方がよいとは思いますが、
どんどんたまる古土をなんとかリサイクルしなければと思いまして。
まあ、これも実験です。

南側に家が建ち、冬庭の日当たりがなくなって数シーズンが過ぎました。
スノーグースやプロスペリティなど、日陰に強いバラは、この環境に慣れたようで、
今の時期、ほとんど日が当たらなくなっていてもたわわに花を咲かせています。
でも、鉢バラたちは、日照不足でどうも鉢土が加湿になりがち。
根の張りがもうひとつです。
そこで、鉢のサイズを落としてみることにしました。
水やりのタイミングも、再考してみたいと思っています。

そんなこんなの作業の取材が明日あります。
とは言っても、園芸誌ではなく、トレンド感満載のとってもおしゃれな婦人誌です。
春の庭も2度程撮影にいらっしゃったのですが、冬の作業も取材したいとのお申し出。
ていねいな取材はありがたいことです。
オーガニックって、今や、トレンドなんですねえ。

「花ぐらし」冬号も発売されましたね。
今見たら、アマゾンでなんと1位でした。
今回、米ぬかオーガニックだけでなくどの記事もたいへん充実の内容で、雑誌の域を超えてます。
ぜひぜひ、お読みください。
自信を持ってお勧めできます。

さて、明日は、早朝からいろいろ準備しなくちゃ。
冬庭の静けさが大好きです。
ちゃんと起きれると思います。




All Comments

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。