次のエントリー | 前のエントリー

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/?overture" target="_new

http://yukiko17roses.blog48.fc2.com/blog-entry-127.html

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リュベロン地方

猛暑が続いていますが、帰国した夫とゆったり家で過ごす3連休。
大きく育った木々のおかげか、なんとかエアコンなしでしのいでいます。

庭には小さなバラやハイビスカスなど夏の花が、濃い緑の木陰で咲いて。



さて、アヴィニョン2日目の朝。
早朝5時に目が覚めました。
というのも、頼りのガイドブックを日本に置いてきてしまったためです。

とりあえず、アヴィニョンに着いた日に、近くのi(インフォメーション)で、
現地のいろんなパンフレットをかき集めてきました。
もちろん日本語バージョンなどあるわけも無く、英語版ならよい方で、
それでも、なんとか情報を集めて、アヴィニョン滞在中の日程を組み立てました。
私たちの旅行はいつも、航空券とホテルの手配は夫、現地での観光・過ごし方は私と、
暗黙に役割分担ができているのです。
そこで、夫が寝ている間に、と、早朝からひとふんばり。
忘れてきてしまった本のことを嘆いても仕方ありませんものね。

午前中、涼しい間に、まずは、アヴィニョンのカフェでカプチーノを一杯。
i(インフォメーション)が開くのを待って、午後のリュベロン地方ミニバスツアーを申し込みました。
出発までの時間は、法王庁宮殿の上にある、美しい公園を散策。
小高い丘の上にあるこの公園からは、遠くまでプロヴァンスのゆったりした風景を見渡すことができます。
広場のカフェで軽く昼食を取ったりするうちに、
時間になりましたので、いよいよミニバスに乗り込みます。



運転手兼ガイドは、フランス人の女性。
流暢な英語で案内してくれます。
同乗したのは、中国人でイギリスに留学中の大学生カップルと、
フランス人のおじさん二人組です。
運転手兼ガイドさん、とっても明るくておしゃべりもすこぶる楽しいのですが、
後ろの席の人たちにもたっぷりと愛想をふりまきながら、猛スピードで運転するのです。
おかげで、ややスリリング(^^;)ではありましたが、とても楽しく、効率よく、
あこがれだったプロヴァンス・リュベロン地方を回ることができました。

車中で、途中、フランス人おじさん二人とガイドさんで、陽気に歌が始まりました。
そこで、「こんな歌、知ってますか?」と「アヴィニョンの橋の上で」のメロディーを口ずさむと、
「もちろん、知ってる。」とのこと。
「日本語で歌ってみて。」と言うので、
思い出しつつ歌ってみました。
そんな和やかな感じでドライブするうちに、ゴルドの村に無事到着です。
ピーター・メイルの「南仏プロヴァンスの12カ月」で有名になったリュベロンの美しい村々。
「ピーター・メイルのおかげで、リュベロンの土地価格が跳ね上がった。」とのことでした。

小高い丘の上に石造りの家々が迷路のように立ち並んだ村、ゴルドをゆっくりと散策したあと、
ラベンダー畑で有名なセナンク修道院を道の上から眺めおろし、
赤い壁の家々がかわいい、ルシヨンへ。
kajinyさんのおうちがいっぱい♪」って思ってしまうような、
とっても素敵な街でした。
ルシヨンでも、散策の時間をゆっくり取ることができて満足だったのですが、
なんと、デジカメがここで電池切れ。

このあと、ラコスタを車中から見学し、
まだ観光地化されていない静かで小さな村メネルブの丘からリュベロン地方を一望して
帰途につきました。

リュベロン地方は、国立公園となっていて、
交通の便が悪く、こんなバスツアーに参加しなかったら多分、
半日で効率よく回ることはできないでしょう。
ゴルドでは、ヒッチハイクで回っているという韓国人女性二人組に出会いましたが。
う~ん、みんな、たくましいです。

余談ですが、その日の夕食は、ガイドさんに教えてもらったお肉がおいしいというレストランに。
昨日のリベンジで、ポークなら火を通してあるだろうと考え注文したら、
なんと、出てきたのは豚足でした。
コラーゲンたっぷりの高級素材で、さぞ、お肌にはよいのでしょうが、
これも、また初体験。^^;

お味はたいへんおいしかったので、全部頂きましたが、
旅先でメニューがよくわからないというのは本当に困ったものです。^^;

All Comments

yukikoさま、初めましてyumicoと申します。

私も都内の小さな庭で無農薬を目指してバラを育てています。
と言っても今までベランダでの鉢栽培しか経験なく、
この春やっと念願の庭へ引越したばかりで・・・
本当の無農薬の試練には出会っていない気がします。
これからが戦いなのかも??知れません。

今日は、たまたまキャリエール婦人の画像検索から
こちらのサイトへ辿り着きまして、あの有名な本の
著者の方と知り、嬉しくて思わず書き込みさせて頂きました。
それでは・・・

URL | 2011/07/29(金) 10:04:13 | yumico #0MXaS1o. | [ 編集]

暑い日々ですがお元気ですか?
私は絵の制作は暑さでなかなか進んでおりません。。

すてきな旅行は今年いかれたのですか?

リュベロン地方はいいですよね~。懐かしく拝見いたしました。
私も昔新婚旅行でアヴィ二オンのシャトーホテル(最初で最後)に滞在して同じツアーで
ゴルドなどまわりました。

別の時に夏にリュベロンのボニューという村の家を短期借りてスケッチしてきました。
これももう10年以上前になってしまい、フランス語はすっかりさび付き、海外旅行もさっぱりとなっておりますが、最近の様子もわかり、また楽しく拝見させていただきますね^^。

URL | 2011/08/08(月) 19:19:59 | エルブ #/9hBKkrU | [ 編集]

米ぬかを利用した有機栽培について、貴殿の経験則は参考になります、これらの実践について科学的根拠になる参考書物などご存知でしたら教えて下さい。

URL | 2011/09/03(土) 05:28:20 | 西山 #- | [ 編集]

yumicoさま、
すみません、とんでもなくお返事遅くなりました。
マダムアルフレッドキャリエール、いいバラですね。^^
yumicoさんも、おもちでしょうか。
ふんわりと、気高く、それでいてとっても丈夫で旺盛なバラ。
私の庭でも春から秋まで咲いてますよ。
こんなにお返事遅くて申し訳ないんですが、
またどうぞいらっしゃってくださいね。
これからもどうぞよろしくです。

URL | 2011/09/06(火) 21:13:38 | yukiko #T1i47sQg | [ 編集]

エルブさん、お久しぶりです!
エルブさんも、南仏いらっしゃったんですね~。^^
私の旅は、去年の夏のことで、もうかれこれ1年以上経ってしまいました。
たくさん写真を撮ってきたので、少しずつアップしたいと思ってるんですが、これがなかなかはかどらなくて。
ところで、エルブさん、秋は展覧会の季節ですね。
絵の完成、楽しみにしています。^^

URL | 2011/09/06(火) 21:16:39 | yukiko #LgQxYvdE | [ 編集]

西山さん、ようこそです。
参考書、そうですねえ。
たとえば、「土の文明史」築地書館や、
「生きている土壌」日本有機農業研究会は、
不耕起栽培の理論づけとして、
とても参考になると思います。
また、「発酵の力を暮らしに土に米ぬかとことん活用読本」農文協は、
米ぬかの利用法や理屈を知るには、
読みやすくていいと思います。
農文協からは、このほかにもいろんな有機栽培の本が出ているので、
こちらも参考になると思います。

URL | 2011/09/06(火) 21:27:44 | yukiko #T1i47sQg | [ 編集]

Comment Entry

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。