スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベル・イジス植えてきました

6月の最初の週末、母と一緒に八ヶ岳の”庭”へ行ってきました。
二人ですので、今回はやまなしホリデー快速と小海線を使った電車の旅です。
朝9時に出発して、お昼過ぎには着きました。

RIMG1813_convert_20120609092036.jpg

ゴールデンウィークから約1カ月、ひざ丈まで伸びた草を刈っていただいた直後の”庭”です。
庭と言ってもまだぜんぜん、何もありませんが、周りを取り囲む森の緑が濃く美しく。

DSC_0082_convert_20120609091227.jpg

庭の一番奥に、手に提げて持ってきた”ベル・イジス”を植えました。
淡いピンク中輪多花性のガリカローズです。
ベル・イジスとは、美しいイシス・・豊穣の女神です。
イングリッシュローズ第一号品種コンスタンス・サプライの片親としても有名。
耐寒性が強く、強健で強香、最初に植えるバラとして、ふさわしいのではと思いました。

DSC_0081_convert_20120609090925.jpg

冬は最低気温がマイナス10度以下になる土地です。
ヨーロッパのバラ園に倣い、継口を埋める深植えにしました。
冬期に枝が枯れ込んでも、株元が土中にあり無事ならばそこからまた芽を吹き花を咲かせることができます。
小さなシャベルで片手で掘ったのですが、40㎝位の深さまでふかふかの黒土で驚きました。
雑草の白根がそのふかふかの土を縫うように張り、フトミミズが居心地よさそうに棲んでいました。
石ころだらけだった火山性の土地をここまで改良した先人の苦労がしのばれます。
大切に守っていきたいと思いました。

RIMG1814_convert_20120609092120.jpg

一仕事終えて、ほっとひと息ついていると、庭の端をきれいな雉が歩いていくではありませんか。

RIMG1815_convert_20120609091111.jpg

雉は、ゆったりと、植えたばかりのベル・イジスの横を通り隣地の草むらの中に入って行きました。
雉が通ったのは、庭のエントランスにと考えている園路を作ろうと思っている場所です。
この初めてのお客さまは、この庭を気に入ってくれたでしょうか。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。