スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エクラ」5月号

ちょっと風は強いけど、春の陽射しが家の中にも届く午後。
久しぶりに休暇を取ってゆったりと過ごしています。
庭仕事もぼちぼちというところ。
春の米ぬか撒きと芽出し肥の施肥はもう済ませたし、気が向いたときに「花まもり菌液」を灌水するくらい。
春先になり一気に華やかに並んだ園芸店の花苗を買ってきては寄せ植えにしたり。
あとは、かがみこんで、クリスマスローズや小さな球根花をながめたり、
ぴかぴかのバラの新芽ににやにやしたり。
ヒラタアブが飛んでくるのや、シジュウカラの巣づくりの様子を見て春を実感したり。

オーガニックガーデナーって、真冬以外は結構気楽なもので、
私ときたら、忙しさにかまけて、週末ガーデナーから、月一ガーデナーになってしまったくらいです。
だってね、バラがだいたい全部、自分でなんとかしてくれるわけですから。

忙しいのは、庭仕事というより、やはり本づくりでしょうか。
それも、4月の頭に再校ゲラを読んで返送すれば、私の手を離れます。
みなさんのところにお届けできるのは、あと少し、多分、5月中には・・です。

書名とカバーデザインも、もうすぐ、お知らせいたしますね。
どうぞお楽しみに、です。

さて、今日午後、家でのんびり家事してましたら、「エクラ」5月号が届きました。
集英社が出しているアラ50向けのおしゃれな女性誌です。
このP156に、「オーガニックで咲かせる小さな庭の可憐なバラ」と題して、
「バラはだんぜん無農薬」に登場した方々が掲載されています。
さすがに、恰好よくまとめてくださってて、一安心。
これを機により多くの方々にオーガニック栽培に興味をもっていただけたらと願います。

先日の渋谷での講演会にも、80名程の方々が集まってくださり、
東急本店の方たちが、こんなマニアックな話題に、とびっくりされていたとか。

オーガニックなバラ栽培を通して、
より自然が身近になり、
心豊かで楽しい暮らし方が広がっていったら、と思います。


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。