スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リュベロン地方

猛暑が続いていますが、帰国した夫とゆったり家で過ごす3連休。
大きく育った木々のおかげか、なんとかエアコンなしでしのいでいます。

庭には小さなバラやハイビスカスなど夏の花が、濃い緑の木陰で咲いて。



さて、アヴィニョン2日目の朝。
早朝5時に目が覚めました。
というのも、頼りのガイドブックを日本に置いてきてしまったためです。

とりあえず、アヴィニョンに着いた日に、近くのi(インフォメーション)で、
現地のいろんなパンフレットをかき集めてきました。
もちろん日本語バージョンなどあるわけも無く、英語版ならよい方で、
それでも、なんとか情報を集めて、アヴィニョン滞在中の日程を組み立てました。
私たちの旅行はいつも、航空券とホテルの手配は夫、現地での観光・過ごし方は私と、
暗黙に役割分担ができているのです。
そこで、夫が寝ている間に、と、早朝からひとふんばり。
忘れてきてしまった本のことを嘆いても仕方ありませんものね。

午前中、涼しい間に、まずは、アヴィニョンのカフェでカプチーノを一杯。
i(インフォメーション)が開くのを待って、午後のリュベロン地方ミニバスツアーを申し込みました。
出発までの時間は、法王庁宮殿の上にある、美しい公園を散策。
小高い丘の上にあるこの公園からは、遠くまでプロヴァンスのゆったりした風景を見渡すことができます。
広場のカフェで軽く昼食を取ったりするうちに、
時間になりましたので、いよいよミニバスに乗り込みます。



運転手兼ガイドは、フランス人の女性。
流暢な英語で案内してくれます。
同乗したのは、中国人でイギリスに留学中の大学生カップルと、
フランス人のおじさん二人組です。
運転手兼ガイドさん、とっても明るくておしゃべりもすこぶる楽しいのですが、
後ろの席の人たちにもたっぷりと愛想をふりまきながら、猛スピードで運転するのです。
おかげで、ややスリリング(^^;)ではありましたが、とても楽しく、効率よく、
あこがれだったプロヴァンス・リュベロン地方を回ることができました。

車中で、途中、フランス人おじさん二人とガイドさんで、陽気に歌が始まりました。
そこで、「こんな歌、知ってますか?」と「アヴィニョンの橋の上で」のメロディーを口ずさむと、
「もちろん、知ってる。」とのこと。
「日本語で歌ってみて。」と言うので、
思い出しつつ歌ってみました。
そんな和やかな感じでドライブするうちに、ゴルドの村に無事到着です。
ピーター・メイルの「南仏プロヴァンスの12カ月」で有名になったリュベロンの美しい村々。
「ピーター・メイルのおかげで、リュベロンの土地価格が跳ね上がった。」とのことでした。

小高い丘の上に石造りの家々が迷路のように立ち並んだ村、ゴルドをゆっくりと散策したあと、
ラベンダー畑で有名なセナンク修道院を道の上から眺めおろし、
赤い壁の家々がかわいい、ルシヨンへ。
kajinyさんのおうちがいっぱい♪」って思ってしまうような、
とっても素敵な街でした。
ルシヨンでも、散策の時間をゆっくり取ることができて満足だったのですが、
なんと、デジカメがここで電池切れ。

このあと、ラコスタを車中から見学し、
まだ観光地化されていない静かで小さな村メネルブの丘からリュベロン地方を一望して
帰途につきました。

リュベロン地方は、国立公園となっていて、
交通の便が悪く、こんなバスツアーに参加しなかったら多分、
半日で効率よく回ることはできないでしょう。
ゴルドでは、ヒッチハイクで回っているという韓国人女性二人組に出会いましたが。
う~ん、みんな、たくましいです。

余談ですが、その日の夕食は、ガイドさんに教えてもらったお肉がおいしいというレストランに。
昨日のリベンジで、ポークなら火を通してあるだろうと考え注文したら、
なんと、出てきたのは豚足でした。
コラーゲンたっぷりの高級素材で、さぞ、お肌にはよいのでしょうが、
これも、また初体験。^^;

お味はたいへんおいしかったので、全部頂きましたが、
旅先でメニューがよくわからないというのは本当に困ったものです。^^;
スポンサーサイト

バルセロナからアヴィニョンヘ

蝉の声はまだなのですが、昨日、東京も梅雨明けしたとのこと。
今日も猛暑です。
今朝は、早朝6時から8時まで庭仕事。
早起きは三文の徳と言いますが、そのあと部屋の片付けや掃除をし、
それでもお昼までたっぷり時間がありました。
昼下がりはピアノを弾いたり、こうしてブログを書いたり、音楽を聴いたり。

昨日は、マリポサでオーガニック教室の奇数月コースの第一回目でした。
初めてお会いする方も多くあり、遇数月コースと同じくらいの参加人数にびっくり。
猛暑の中お集まりいただいた上、最後には温かい拍手までいただいて、感謝です。

さて、今日も昨年夏の旅行記の続きです。



シッチェスからバルセロナに戻って、ホテルで汗を流したあと、
海岸のレストランまでランブラス大通りを歩いて行きました。

ランブラス大通りは、バルセロナの中心街。
大きなプラタナス並木の広い通りですが、いつも観光客でごったがえしています。
夕方から夜にかけては、大道芸人が楽しいパフォーマンスを披露して。

旧市街を抜けて、お目当ては、レストラン”7ポルタス”。
海の幸の濃厚な味わいとワインで、バルセロナの夜を楽しみました。
ホテルに帰ってもまだ外は美しい夕焼け空、ヨーロッパの夏の夜は長いのです。

翌日、早起きして、各駅停車に乗りフランスを目指します。
ビーチが美しい湾をいくつか越えて行くうちに、キャンプに向かう子供たちの集団と同乗しました。
日本の子たちもよくやってる、”ドラゴンボールじゃんけん”をしてて、かわいかったです。

スペインからフランスの国境辺りで、突然、電車が止まってしまったので
どきどきしましたが、
なんとか乗換時間に間に合う程度の遅れでフランスに入りました。

フランスの車掌さん、てきぱきと車中でダイヤと乗り継ぎ駅を調べてくれ、
その場で切符を買うことができました。
セルベール、ナルボンヌ、モンペリエと乗り継いでニームまで行けば、もうそこはプロヴァンス。
途中、大きな湿地帯を通って行きます。
静かな水面を泳ぐように列車は進んで行きました。
ニームでまた乗り換えて、午後早い時間にアヴィニョンに到着できました。



アヴィニョンでは、城壁入口からすぐ近くの古い修道院の建物を使ったホテルに滞在しました。
大きなプラタナスの中庭のたたずまいが美しい、簡素で静かな部屋です。
ホテルに荷物を置き、ひと息ついてからアヴィニョン観光に出かけました。

アヴィニョンと言えば、橋が有名ですよね。

法王庁宮殿前を通って、サン・ベネゼ橋に到着、まず観光名所をひとつクリアです。
青い空と川面がまぶしく、南仏に来たことを実感しました。

ホテルに帰って、その日はプラタナスの中庭を囲む回廊を利用した美しいレストランで夕食です。
雰囲気はたいへんよいのですが、味わってみるとどのメニューも量が多く、
しかもどちらかというと大味なんですよね。
メインを、ビーフと思って頼んだら、
なんと、タルタル、しかもレモン味。
初めての味&量の多さに面喰い、半分主人に手伝ってもらうことになりました。
まあ、これもまた、楽しい旅の思い出ですね。^^;

南仏の遅い夕闇が、ようやくホテルの中庭を包み、
ライトアップされたプラタナスが美しく、
乾いた夜風が心地よく酔いを醒ましてくれました。

地中海リゾート シッチェス



梅雨明け前から、真夏のような暑さが続いています。
街を歩いていると、ふっとした空気感の中に、
去年の欧州旅行の思い出が、突然鮮やかに浮かんでくることがあります。

そういえば、去年書き始めた旅行記
バルセロナ二日目のコロニアグエルで終わってましたっけ。^^;

撮ってきた写真は、およそ3000枚。
その中には、みなさまにご紹介したいバラも庭園も、たくさんあります。
スライドショウを使って、これから少しずつアップしていければと思います。

さて、バルセロナ3日目の午後、列車に乗ってシッチェスという街に行ってみました。

1時間少し列車にゆられてついた街は、かわいらしい白い石壁の建物の間に
石畳の小路が網の目のように張りめぐさられた、
そぞろ歩くのも楽しい小さな地中海リゾートでした。
駅から、小さなガイドブックと勘を頼りに海まで歩いて行くと、
パラソルと素敵なレストランが立ち並んだ海辺にでました。
どこで昼食を取ろうか、相当悩んだ末に、
ビーチの片隅のカジュアルなレストランで一休み。
このお店だけなぜかとても混んでいます。
お値段がリーズナブルなんですね。
昼食の後、ちいさなトンネルをくぐって、美しい教会が立つ岬を回り、
海辺と街歩きを楽しみながら、半日過ごしました。

あれからまた季節はめぐり、夏が再びやってきました。
まぶしい地中海の青い海は、今の季節にぴったり・・。

ほんのしばらく、気持ちを明るくさわやかに、
そぞろ歩きな気分で、スライドショウをお楽しみいただけましたら幸いです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。