スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープンガーデン

つい先ほど、
冷気に包まれた夜の庭で、
バラの葉のしゃきっと上を向いて展開しているシルエットや、
色づいたつぼみから発せられるほのかな光をゆっくり目で追いながら
ほんのひととき過ごしてきました。

朝、少し早く起きて庭に出たいのですが、眠気に勝るものなし。
結局ぎりぎりの時間になって、出勤前に庭を振り返る暇もありません。
今夜こそ、早く寝て、と思うのですけどね。^^;

さてそのバラ庭ですが、無数の微生物に守られてか、
庭のバラの新葉の美しさと言ったら、
花にも勝るとも劣りません。
庭の奥底からあふれ出るようなパワーを感じます。
真に健康に育った植物はエチレンというホルモンを出し、
自らを虫の害から守るのだそうです。
私のバラたちにも、そんな力があるのか、
もはや天敵たちの力に頼らずとも、「害虫」を寄せ付けてないような感じです。
ニームオイルすら撒いてないのに、虫の害が、本当に少ないのです。

先日、本をお読みになったという九州のご婦人から、
うれしいお手紙をいただきました。
もうご高齢で、バラは無理かもと思っていた矢先、
新聞で私の本のことを知り、読んでくださったのこと。
これならできると、早速お試しになったところ、
庭もバラもみるみる元気になり、
もっとバラを増やしたくなったそうです。

本を参考に実践し、短期間で庭が変わってきたとうれしいご報告をいただくのは、
決して少ないことではありません。
米ぬかオーガニックが、私の庭だけでなく、
多くの方の庭でも同じように実現できるということ、ですよね。
こんなとき、大変だったけど、本を書いてほんとうによかったって思えます。

さて、恒例のオープンガーデンですが、
毎年、親しい方々をお招きし、庭をご覧いただいた後、お茶会をして楽しんでいたのですが、
今年は、ちょっと趣向をかえてみたいと思っています。
まず、お茶会は、無しで。
ただ、庭で採れたハーブのお茶くらいはお出しできれば、と思っています。
来てくださる方には、自由にお庭を見ていただいたあとで、
お気持ちでワンコイン500円を目安に、募金頂くというのはいかがでしょうか。
もちろん、大震災の義捐金として、私の方でまとめてお送りしたいと思います。
バラの季節、毎週日曜日の午後2時から4時くらいまで。
平日がよろしければ、あらかじめご連絡いただいて。(母が留守番してくれます)

こんなアイデアが、
先ほど夜の庭を散歩していて、ふと、ひらめきました。
どなたか、ご賛同いただけますでしょうか。







スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。