スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春はかわらずに

昨日の続きは今日ではない・・・
3.11あの日から、それまでのあたりまえの日常が、
どんなにかけがえのないものだったかを思い知らされています。

私たちの国、日本は、もう二度と戦争をしないことを誓った国です。
でも、今、戦時と同じように広大な国土が荒廃し、汚染され、
恐怖や痛み、言葉もないような悲しみが国をおおっています。
多くの普通の市民が、いつまでとも見当もつかない日々、
勇気をもって戦っています。

でも、ここから一歩ずつみんなで手を携えて、新しい国づくりを始めていけたなら、
今日のこの荒廃が明日の希望につながっていくのでしょう。

今までとは違った価値観、考え方を迫られているのでは、と思えてなりません。

小さな私の庭では、
いつもの年と同じように、春の鼓動が始まり、
バラと生き物たちが、物語を紡ぎ始めました。
いつもの年と同じように、春は生命に満ちています。
大きく変わってしまった人の世界とは、一線を画すように、
淡々と春の時を刻んでいます。

オーガニックの理念である、「共生・循環・多様性」が、
今までよりももっと豊かで美しい、新しい日本を再生するヒントとなる、
そんな気がしてなりません。

ならば、私も、これからも淡々と庭に向きあいましょう。
一番身近な庭という自然が、少しでも人々の癒しや希望となるように。
バラの咲く姿に、明日を見出すことができるように。



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。