スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬は庭仕事

とびっきり寒い日が続いています。
東京はそれでも日差しが十分ありますから、雲が出ない限りは、日中は外でも過ごせます。

今年は、庭の大リニューアルと言ってもよいくらい、
大がかりな庭仕事がたくさんありました。

まず、庭のチークのガーデンテーブルセットがいよいよ朽ちてしまい、
アルミ鋳物製に替えたこと。
壊したチークの廃材は、
りきさんが暖炉用に持って行ってくださいました。
家族やバラ友さんたちとテーブルを囲んだ日々・・
たくさんの思い出が暖かい火となって、
りきさんちの猫たちもきっとごきげんでしょう。
そうそう、庭の白樺もカミキリムシに枯れてしまい、
やっぱりりきさんに引き取りに来ていただいたのでした。
枯れたのはさびしいですが、
少しでもお役に立ったかと思うと慰められます。

それから、北側フェンスいっぱいに広がっていたアルベルティーヌをはずして、
新しく立てた3つのアーチに誘引しなおしたこと。
北側の道路にお向いの方が駐車することになったためです。
玄関先からの眺め、
咲いたら壮観かもしれません。

そして、年明け、
庭の入口に、大きなアーチを設置しました。
組み立ては、なんとか一人でできたのですが、
20㎏もあるので、立てるのは下の息子に手伝ってもらいました。
この頑丈なアーチで
なんとも大きく育って壁から枝垂れるマダム・アルフレッド・キャリエールを
支えることにしました。

この作業をした先週末は、ものすごい寒さ!
2時を過ぎるともう、がまんができません。
こういう寒い年はほんと、久しぶりです。

庭に敷きつめた有機物のマルチの下では、
白いはんぺん状の菌糸が張っています。
バラの赤い芽もはっきりとしてきました。

うれしいことに、庭の中ほどまで陽が入るようになりました。
夕暮れも少しずつ遅くなってきています。
春が近づいているのですね。

さて、大仕事やバラの植え替え・誘引がほぼめどがついたので、
今日は、寄せ植えづくりを楽しみました。
近頃はまっているのが、セダムの寄せ植えです。
いろんな色、形、テクスチャーのセダムの苗を、
ぎっしりと円形の大きな鉢に植えこんでいくんです。
まるでタペストリーのように!
赤や緑、青、黄色、グレイと冬は葉色が鮮やかになり、
組み合わせがとっても楽しい!
直径40㎝のすり鉢のような形の丸鉢いっぱいに詰め込んで、大満足。
中心近くに、葉色が珍しいガーデンシクラメンを入れました。

セダムは、暑さ寒さに強く、水やりもほとんど必要としません。
一年中、美しい葉を楽しむことができます。
増やすのも思うがまま。
このセダムタペストリーのアイデア、マリポサさんで見た見本展示鉢からなんです。
色とりどりのセダム苗も、もちろんそちらで。^^

セダムの寄せ植えは、同じ大きさの鉢を2つ、そっくり同じに作りました。
そして、玄関先にシンメントリーに飾りました。

セダムに続いて、もうひとつ玄関先に寄せ植えを作りました。
主役は、今日マリポサさんで見つけた糸ピコ白ダブルのクリスマスローズ。
ひところと比べると、ずいぶん手頃な値段になったものです。
お供は、ボルドーの豪華なラナンキュラス、ビオラワールドのビオラ、アルメリア、
スカビオサ、セラスチウム、銅葉の金魚草、
白のハーデンベルギア、などなど。

いずれも土は、バラの植え替えなどで出た、発酵肥料でふかふかの古土を使いました。
仕上げに、元気に育ってね、と「花まもり菌液」を薄めて灌水。
これで、元気に根が張ってくれるでしょう。

たっぷり園芸を楽しんだ後は、
夕食に、上の子のリクエストで、
花苗とともに今朝仕入れてきた魚介を使いブイヤベースを作りました。
上の子は、成人式がこの間でしたから、
もう、親子で白ワインも楽しめます。

と、休日気分はいいのですが、
大事なゲラチェックが、これからです。^^;
楽しくゆったりとした気持ちで臨みたいと思います。

本が刷り上がるのは、2月中ですが、
書店に並ぶのは、3月はじめになるそうです。
書名は、「はじめのバラこそ無農薬~ひと鉢からの米ぬかオーガニック」(築地書館)。

さあ、がんばりますね!


スポンサーサイト

新しい年に

みなさま、あけましておめでとうございます!

東京は、年明けから3日間、美しい青空が広がって。
元日は、近くの神社に初詣に行った後、恒例の庭仕事をしました。
はりきってはしごを出し、マダム・アルフレッドゥ・キャリエールの剪定誘引!

大量に出た剪定枝は、細かく切って有機物マルチに。
年末に帰国した夫に、シジュウカラの巣箱を付け替えてもらって。

春の準備は着々と進んでいます。

二日は、これも毎年恒例の鎌倉へ。
主人と二人、長谷寺でゆっくりお参りし、パワーをいただいてきました。
家族そろって東京で過ごす、おだやかなお正月になりました。

今日は、バラ栽培には、手を出したことがないという夫に、
3冊目のゲラを読んでもらっています。
「はじめてのバラこそ無農薬~ひと鉢からの米ぬかオーガニック」
というのが、3冊目の書名となると思います。
はじめてバラを育てる方にできるだけわかりやすいように、
枝葉をとってバラ栽培の基本を説明する本です。

オーガニック栽培だからこそ、
バラ栽培は気楽に気軽にできる!
というのが、この本のコンセプト。

もちろん、”米ぬかオーガニック”ですから、
発酵米ぬかや発酵肥料作りなど、
ちょっとひと手間かけることも大切ですよね。
ただ、最初から全部やろうとするのは、たいへんですから、
初めてでもできる簡単な作業を基本にし、
”ステップアップ!”と題して、ちょっとひと手間かけたやり方を書き分け、
オーガニックなバラづくりに
自分のペースで少しずつ取り組んでいけるようにしています。

3冊目も、文章も写真もイラストも全部自家製。(笑)
オールカラーで、ブックデザインを
石川源事務所の秋山さんがやってくださっています。
編集者と二人三脚で、隅々まで検討し尽くして作る、
手作り感満載な本です。

去年一年かけて作りこんできたこの本も、
ようやくあと少しで世に出ます。

初めての方にも、気軽に気楽に、バラを楽しんでいただけるように、
バラや庭を通して、
人や自然とつながる暮らしの豊かさを感じていただけるようにと、
この本が、
少しでもみなさまのお役にたてばと願っています。

今年もよろしくお願いいたします!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。