スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残暑お見舞い申し上げます

2008-0816 011

ホントに毎日暑いですね。
ここ数日、
ようやく”夏休み”と言える感じで、家でゆっくり過ごしています。

こちらのブログにも、それからHPの掲示板にも
たくさんコメントを頂いておりますのに、
レスが遅くて本当に申し訳ありません。
この夏休みの間には、
なんとかお返事を差し上げたいと思っています。

今年は、長男の受験勉強がありますので、
遠出もせず、
毎日、家事を楽しむ夏休みです。
お料理も、片付けも、
無心になれて、楽しいもの。
新しいオーブンを使って、
簡単だけどちょっと本格的な洋食にも挑戦です。
大学受験の長男は、特に体力勝負ですから、
食べることはとても大切。
夕飯を楽しみに帰ってきます。
夕べは、ローストビーフとラタトゥイユ、じゃがいものグラタンでした。
家族のおいしい笑顔は、私も幸せです。

朝は朝で、焼きたて自家製酵母パン。
今朝は酒粕酵母のミニ食パン、ふわふわのうまうまでした。
お弁当を持って、元気に、模試へと出かけました。

お洗濯をして、お掃除をして、
ちょっと用足し買い物をしても、午前中で終わってしまいます。
仕事をしていると一日は短すぎるのですが、
家事だけですと、
一日は、長すぎて。
ついつい午後はうとうと、してしまいます。

これは、腰にもよいのでしょうね。
体がホントに休まります。

話は変わりますが、
先日から、英会話教室に通い始めました。
英国人のガーデナーさんが、
ガーデニングやお料理を英語で教えてくれるという、
楽しい教室です。
英会話と言っても私は片言ですが、
英国人ガーデナーさんとの会話の中で、
英国の文化や風習、感覚に直に触れる感じで、なかなかおもしろいです。

で、バラのHP等でよく使われる、”ローザリアン”っていう言葉がありますよね。
この言葉を知っている?って、その英国人ガーデナーさんに聞きましたら、
なんと、聞いたことがないとのこと。
うちに帰ってから、ウェブ辞書で調べても、
確かに載っていないんです。
あらら、これって、英語ではなかったのかしらと思い、
他の国の言語でも調べてみたのですが、やっぱり載っていませんでした。
これって、いったいどこの国の言葉なのでしょう。
ネイティブさんが、知らないっていうことは少なくとも英語ではなさそうです。

さて、ガーデニングの話題に。
その英国人ガーデナーさんに教えて頂いたのですが、
ミコリーザスタートっていう微生物資材を
英国では、植え込みのときにポピュラーに使うのだそうです。
早速私も近くのお店で購入してきたのですが、
お店の人の話だと、
根張りがとってもよくなるそうです。

これから、秋バラに向けての施肥やら剪定やらのシーズンになりますが、
その前に、この資材を施用してみたらどうかしらと思いました。
英国でも、微生物をガーデニングに取り入れることを
ちゃあんと考えているのですね。
さすが!とうれしくなりました。

ただ、今、外はとっても暑いし、蚊もすごいので、しばらく庭仕事はお休み中。
今年は肥料が効いてるのか、鉢バラがぽつぽつ咲いて切花にしていますが。
朝5時&夜8時の自動潅水タイマーも、バラにはよいようです。

葉は暑さに焼けた感じが否めませんが、
庭中、青々としてまるでジャングルです。
・・・雑草も含めて。

写真は、出窓に置いた観葉と去年のバラポプリ。
最近アロマの仕事を始めたお友達に頂いた
ローズウッドのオイルを垂らして。
このところ、夏の花粉症で匂いがわからない私ですが、
気分だけでも、楽しみます。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。