スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の新顔

217 079

先日お話した、糸ピコダブルです。
これがクリスマスローズ?って思うくらいの華やかさ。
買うとき居合わせたお友達が、この子のことを”お蝶夫人”って言ってました。

217 069

こちらは、うつむいた表情。
花弁にかすかにベインが入っています。

217 075

ここまでひらひら花びらでなくって、
もっと整ったぱきっとした感じのダブルと迷ってこちらにしました。
ピコティの出方が、こちらの方がはっきりとしてにじみが少なかったので。
大株になったら、ん~
いいでしょうねえ。

今日は、日中は暖かく、
久しぶりにマクロレンズを取り出して、一眼レフで写真を撮ったり、
そうそう、薔薇の剪定をしました。
剪定の前には、しっかりと鋏を砥いで。
しゃっきり切れて、気分は最高。
水もたっぷりと。
それからバイオゴールドのバイタルもあげました。

まだまだ寒いですが、
ほんと、春が待ち遠しいです。

スポンサーサイト

春の雪

IMGP6566.jpg


ここのところ、東京は、毎週雪が降っています。
この3連休も、初日土曜日の夕方から夜更けまで降り続き、
庭は、すっかりまた雪景色に。
日中の日差しで、ご近所の雪はどんどん融けていくのですが、
日陰になった我が家の庭は、最後までしっかり雪が残っています。

今日は、それでも我慢できずに庭に繰り出し、
芽だしの発酵肥料をあげました。
庭植えのバラには、土すくい用の大きめシャベルに2杯たっぷりと。
鉢植えには、手のひらで山盛りひとすくいずつ。
空気が届く浅い場所に置き肥にし、上から土や堆肥、有機物のマルチなどをかぶせて
紫外線から菌を守ります。

いよいよ来週くらいから冬剪定を始めます。
芽だしの肥料は、根に届くまでの時間を考えて少し早めにと思って。

晩秋に仕込んだ発酵肥料は、熟成が進み、
白灰色で、さらさらになっていました。
大きなダンボール二箱と、5キロの米袋3袋分を今日一日で使いました。
なにしろ、大量にありますので、
大判振る舞いです。

地植えのものは、特にたっぷりと与えたので、
たぶん開花までは、これだけでも大丈夫でしょう。
鉢植えには、少しずつ、毎月、月初めに追肥します。
今年も、
自家製発酵肥料だけでいくつもりです。

土曜日、雪が降りだす前に、いつもの園芸店マリポサに行きました。
お目当ては、この時期続々と入荷されてくるクリスマスローズです。
ナーサリーさんと店長さんの力で、
マリポサさんには、
信じられないくらい美しく整ったクリスマスローズがたくさんたくさん並んでいました。
ちょっと前には、なかなか探しても無かった
糸ピコダブルや、ブラックダブル。
深いローズピンクの華やかなセミダブルのとなりには、
しぼりの入ったかわいいピンクに濃いローズピンクのネクタリーのセミダブル。
シングルでも、丸弁カップの整った形のアプリやイエローのフラッシュ。
ダークネクタリーの糸ピコが何株も並んで。
原種も、斑入りのものがあったり、チベタヌスの開花株があったりと、
まあまあ、これでもか状態です。
かなりのレアものなのに、なかなか良心的なお値段で売られていて。
っと、書きながら、ふふふ、興奮状態です。^^

で、私は、といいますと、今年は、糸ピコダブルをと決めていましたので、
よくよく迷って、(糸ピコダブル開花株が”迷う”くらいたくさんあるんです~)
ひらひら花弁が華やかな、濁りのない糸ピコを選びました。

店長さん曰く、まだこれからも、
クリスマスローズ展のポスターに載っているようなものが
入荷されてくる予定だそうです。
雪がちらつく寒い日だったのですが、
お店には、クリスマスローズやバラの苗を選ぶお客さんの姿が絶えませんでした。

春に向けて園芸熱がますます高まりますね。
庭の影の部分も、日増しに縮まり、
春を待つ日時計のようです。

写真のバラは、春のエブリン。
HPから写真を選んでいて、
思わず目が合ってしまいました。^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。