スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酷暑の夏

IMGP5597.jpg


なんとも暑い夏です。
こちら東京の郊外でも、八月中旬からずっと
35度以上の酷暑が続きました。
今日は、少し曇ってさすがに気温はそれほど上がりませんでしたが
湿度が高く蒸し暑くて何かしようとすると汗がだらだらと流れます。

明日からは雨が降るだろうとの予報です。
気温も少し下がってくるようですので、
今日は思い切って庭に出て、一面にうっすらと米ぬか撒きをしました。

夏は、暑いのが大好きな枯草菌が活発に働き、
有機物をどんどん分解してくれます。
枯草菌は、納豆菌の仲間なので、ねばねば物質を出して
土をころころに団粒化もしてくれます。
暑い夏の間に、有機物のマルチはすっかりかさが小さくなり、
マルチの下は、まるで赤玉土でも撒いたかのようになっています。

暑さがひと段落すると、枯草菌が分解した有機物をエサに
乳酸菌や酵母菌が元気になって、さらに肥えた土にしてくれます。
季節によって移り変わっていく菌をパワーアップし
菌のリレーを助けてくれるのが、
米ぬかなのです。

季節の変わり目が、菌の変わり目。
ですから、米ぬかは季節の変わり目に撒くのがいいんです。

今日は、米ぬかと一緒に、発酵肥料も施しました。
夏の間も、少しずつ与えていたのですが、
今回は今までよりもたっぷり目にあげました。
秋に向けて元気にまた枝葉を茂らせ、
綺麗な秋花を咲かせるくれるように。

夏の間中、朝の6時と夕方の6時に
自動潅水装置で水やりを続けたのがよかったのでしょうか、
酷暑の中でも鉢バラたちはよく耐えてくれました。
夏は、水はたっぷりとあげた方がよいみたいです。
地植えのものには、全くあげませんでしたが
それでも、葉をすっかり落とすこともなく
キャリエールなどは、今も10輪ほど花をつけているという健気さ。

写真のバラは、ティーローズのアルシデュックジョセフと
クレメンティナカルボナリ。
春の画像ですが、実は今もティーローズたち、
ぽつぽつ咲いているんです。
夏の花ですし、写真に撮るほどのものでもなく、
本当でしたらつぼみは摘んだ方がよかったのですが
気が付かないうちに咲いてしまいまったという訳で。

本当の美しさで咲いてくれるであろう秋が
今から待ち遠しいです。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。