スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラとヘレボラス

IMGP5240.jpg


こちらは、”庭造りの愉しみ”のトップページにも今張ってあるヘレボです。
先日、いつもの園芸店さんで、見つけました。
アプリコットにクリアなピンクのピコティ、
しかも、ダークネクタリーという欲張りぶり!
少し離れたところから見ても、この花だけちょっと目立つ感じの美人さん。
若泉さんの交配株です。

さて、この間の週末は、一気にブッシュローズの冬剪定をやりました。
”冬剪定”って言っても、陽気は春のように心地よく、
バラの芽もすでに膨らみ、つんつんしています。
今年は暖冬でしたので、
冬の間に展開してしまった葉は厳しく切り詰め、
かなりの強剪定になりました。
バラで埋まったボーダーも、ちょっと離れてみると、
どこにバラが植えてあるのかと思うくらい・・・。
こうなると、地植えのクリスマスローズたちががぜんひきたちます。^^

何年か植えっぱなしのクリスマスローズ。
大株になったものもあり、がっちりとした花茎を伸ばしています。
花色も、花形も、年々美しくなり、
今年の暖かさも手伝ってか、とても綺麗な花が咲き始めました。
お店にも素敵な子がたくさんいますけれど、
うちの子もなかなか…とひとりにやにやしてしまいます。
バラとクリスマスローズは相性もよく、
これだけで、美しい庭が造れてしまいます。
クリスマスローズの根は、地中に深く縦に伸びていきますので、
少し離れたところでしたら、バラの生育の邪魔にはなりません。
バラが葉を落とす、冬から春にかけて、
豊かな緑と美しい花で庭を彩ってくれます。
米ぬかオーガニックも、ヘレボにぴったりみたいで、
うちの地植えヘレボの花はとっても生き生きと綺麗な気がします。
親ばかですね。^^;
スポンサーサイト

冬の貴婦人

いつも行く園芸店マリポサで、とても素敵なクリスマスローズを見つけました。
今日は、それらの怒涛の紹介です。

IMGP5232.jpg
まずは、こちら、グリーンのピコティ ダークネクタリー。


IMGP5245.jpg
これは、スレートグレー。
青みがかったグレーの花びらに明るい厚みのあるネクタリーが映えます。


IMGP5209.jpg
それからこちらは、淡いクリームイエローの糸ピコ ダークネクタリー。

マリポサさんでは、このところずっと週末ごとに
素晴らしいクリスマスローズたちが入荷してきています。
育種家やナーサリーの方々の努力の成果でしょう、
以前は、ちょっとお目にかかれなかったような子にも、
会えるようになりました。
お値段も、一昔前に比べたら随分手ごろに。

かがみこんでお花の顔を覗き込み、一株一株丹念に探していくと、
思わぬお宝に出会えることもしばしば。^^
今日紹介した子達もそうやって見つけたお宝クリスマスローズ達です。
 
シーズンに先がけて、先月NHK出版から
「クリスマスローズのすべて」という本が出ました。
この中に、実は家の子達も少し、載せてくださっています。
初心者からマニアまで満足の充実した本で、
お値段もほどほどですので、
本屋さんにいらっしゃった折にはぜひご覧になってみてください。

さて、ブログの更新も、書き込みへのお返事も
しばらく滞ってしまって申し訳ありませんでした。
下の子の中学受験もなんとか合格を頂き、
我が家にもようやく春がやってきたようです。
子ども達も、それから庭も、
その個性を生かしてあせらずじっくりと育てていきたいものですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。