スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カマキリの卵

IMGP5147.jpg

今日はうれしい発見がありました。
カマキリの卵です。
西側のニセアカシアフリーシアの下に植えた
黄金葉の山吹の枝先に付いていました。
ここ数年は、玄関先の鉢植えのあたりに作ることが続いていました。
今年は、そこには見当たりませんので、
卵は産まなかったのかしらと心配していたところです。
見つけた瞬間、とてもうれしかったです。

ただし、いつもの年は、もっと地面に近い低い場所に産んだのに対して
今年は、私の目線と同じくらい。
暖冬と言われていますが、
そんな年はここ東京でも雪が積もることが多いもの。
カマキリはその冬の降雪量を予知して
卵を産む高さを調節すると言いますから、
もしかしたら、この冬、ある程度の積雪を見るかもしれません。

長かったお正月休みも、
この3連休でいよいよ終わります。
暮れからずっと何かと忙しくて、
やっとちょっと一息つけたかなというのがこの連休でした。
家や子ども達のことはもちろんのこと、
バラの手入れも、肥料づくりもやることが次々と。
ようやくつるバラの誘引を終えて、
発酵肥料も今日、最後のものに化成肥料を混ぜましたのでこちらも完了です。

これからしばらくは、冬の大苗を待つことと、
ヘレボラスの苗を見て回ることくらいでしょうか。^^;

なんていってる間に、
すぐに芽出し肥、冬剪定の時期となるんでしょうね。

そうそう、うちは、石灰硫黄合剤は塗ったことがありません。
塗らなくても、うどん粉やアブラムシの心配がないからです。
それだけでも、まあ、開放されているということになるでしょうか。^^;

写真のバラは、誘引前のスノーグース。
切らなかったら、きっと今でも咲いていたことでしょう。
愛らしくって、すごく丈夫なよい子です。
スポンサーサイト

新しい年を迎えて

IMGP5158.jpg

みなさん、あけましておめでとうございます。

穏やかな元日の朝です。
薄曇の空から、きれいな日差しがこぼれて。

家族みんなで迎えるお正月。
特に予定は無いけれども、
ゆったりと普通に家で新しい年を迎えられるのって幸せなことと思います。
昨日までは、大掃除にお節作りと大忙しでした。
家族みんなでフル動員。
掃除も、お料理も、その気になると結構楽しいものです。

その合間に、発酵肥料の第三弾を仕込んだり、
米ぬかを撒いて堆肥でマルチしたりと
庭仕事もできるだけのことをしました。

つるバラの剪定や誘引は、まだ未完成。
お正月の間に元気を出してやってしまおうと思っています。
今日も、初詣の後、初仕事といきたいものです。^^

2007年が、みなさまにとってよい年となりますように。
今年もよろしくお願いします。

写真は、縁あってうちに来たバラです。
名前がわからないとのことですが、
開くと半八重で愛らしく、
クリアなピンクが目をひきます。
出会いを大切にしたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。