スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マサコ

IMGP5113.jpg

秋から冬にかけては、やることがたくさんあり、
あっという間に週末が過ぎていきます。

今日は、発酵肥料第2弾を仕込みました。
基本のレシピは最初に作ったものと同じです。
今回は、それに、生ゴミ処理機の処理物を加えました。
夫がいつも週末にさばいてくれるカニのカラがたっぷり入っています。
処理機は、高温バイオ式なので、バチルス菌もたっぷり。
こうばしいお味噌のようなさらさらの処理物です。
夏の間は、この処理物に発酵米ぬかを加えて発酵肥料を作っていました。

それから、今回は、加える水にほんの少しだけ
木酢液も入れてみました。
ごく薄い木酢液をぼかし作りに加えると、発酵が促進され、
匂いもよいものができるそうなのです。
木酢液も、ちゃんと指定された濃度を守って、
よく精製された確かな製品を使えば、
オーガニックに役立つものと今は考えています。

昨日は、横浜のバラ会に呼ばれて、
オーガニックローズについてお話をさせていただきました。
会場に集まってくださった方々に少しでも
オーガニックな庭の楽しさが伝わればと思います。
私にとっても、改めてオーガニックの素晴らしさに
思いがいたった一日でした。

写真のマサコは、オーガニックローズとして、
育てやすいバラの一つです。
秋にもこんなふうに咲いてくれることが。
背景の白いバラ、
こちらもオーガニック向きなスノーグースです。
スポンサーサイト

コーネリア

IMGP5095.jpg

窓にぽつぽつと弱い雨音が響いています。
小鳥たちのさえずりが近くの林の中から聞こえて、静かな午後です。

雨の前に、やろうと思っていたことをいっきにやってしまいました。
風邪気味で、しかも腰痛の”予感”がしているというのに。
でも、不思議なことに、
冷たくなった空気の中で体を動かしていると、
のどの痛みが和らぎ、背筋もしゃんとしてきます。

今日は、この冬に迎える新しいフランスのバラたちのために
用土を準備しました。
赤玉土の小粒・中粒を2:1位にブレンドして、
ふるいにかけます。
みじんを取り除かないと、後で水はけが悪くなり、
根ぐされの原因になってしまうとのこと。
薔薇の先生に教わりました。
正直、そんなの大変だなあ・・・と思っていたのですが、
実際やってみると案外これが無心になれて楽しい作業。
そこに、良質の堆肥を3割ほど混ぜれば完了です。
堆肥も自分でブレンドして、
数ヶ月発酵させ熟成したものを使うとよいとのことなのですが、
これはさすがにしんどいので「秀じいの堆肥」を使うことにしました。
大量の土をいっぺんに処理できませんので、
ふるいに入る分だけ合わせては、
45リットルのポリバケツに入れていきます。
ポリバケツの下には、ちゃんとキャスター付の台を敷いているので、
移動も楽々。
腰痛対策は一応万全のつもりです。^^;

こんな風にして作っておいた基本の培養土に、
後でさらにクンタンやパーライトを配合して
鉢薔薇の用土に使おうと思っています。
これで、いつ苗が届いても安心。^^
あわてることはありません。

今日は、薔薇苗の植え込みもしてしまいました。
北側のフェンスにアルバータイン、
南側のフェンスにアウェイクニング、
アーチにローブリッダーです。
アウェイクニングは、四季咲き性がよろしいようで、
まだ枝先に蕾がいくつもついています。
どれもこれも、1メートルを越す大きな苗。
砂地に植えられた苗ですので、
根を痛めないように入念に砂を落としてから植えつけます。
砂地の根鉢をそのまま植えつけて、根が思うように張らず、
弱らせてしまった苦い経験を何度もしていますので。

作業の間中、庭は、柔らかな薔薇の香りで満たされていました。
コーネリアは、夏にちょっと調子がおかしかったのですが、
ニームオイル潅水が効いたのか、
秋になって、がぜん勢いが出てきました。
写真のような大きな花房をたくさんつけて、
途切れず咲き続けています。

デュセスドブラバン

IMGP5077.jpg

暖かい秋ですが、
朝夕は、少し冷え込みを感じるようになりました。

一雨降った翌日は、透き通るような青空が広がります。
春からずっと日照が少なかった今年ですが、
ここに来て、バラたちは生き生きと葉を茂らせています。
トレジャートローブというランブラー。
傍らの楓の木の枝を支えに、
ものすごい勢いでシュートを伸ばして。
柔らかな枝先が自然と枝垂れて、ドームのようになっています。
来年は、たくさんの花を期待してしまいます。
淡いアプリコットの小輪がたっぷりと房咲きになって、
とても愛らしい一季咲きのバラです。
このバラに、
ブルーを感じさせるすみれ色のバラを合わせようと思い立ちました。
午後、久しぶりに訪ねたのは村田ばら園さん。
ブルーマジェンタ、ブルーランブラー、バイオレットと
候補を上げて相談すると、
奥様のオススメは、ブルーランブラーでした。
手ごろな株がありましたので、早速つれて帰り植え込みました。^^

さて、発酵肥料ですが、
2週間前に化成肥料(リンカリ肥料)を入れたところ、
しばらくほかほかと発熱していましたが、
もうすっかり
それもおさまりました。
真っ白に熟成してきていますので、
そろそろ麻袋に入れて保存です。
春を思いながら、これからが一番楽しい季節です。
先日庭に植え込んだデュセスドブラバンに、小さな蜘蛛を発見。
ひとときのこの秋を楽しんでいるかのようです。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。